\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

FlexiSpot フィットネスチェアV6 レビュー|えっ!仕事と一緒にダイエットできるの?運動不足解消できる最強オフィスチェア

FlexiSpot フィットネスチェア V6  レビュー
お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

本記事はFlexiSpot フィットネスチェアV6のレビュー記事です。

370kcal消費!

さて、この数値は一体何でしょう。…答えはママチャリを1時間漕いだ時の平均消費カロリーです。

今回はデスクで1時間仕事をしながらペダルを漕ぐだけで、ママチャリと同じくらいカロリーを消費し、ダイエットができるフィットネスバイク 兼 オフィスチェアのFlexiSpot フィットネスチェアV6を紹介していきます。

ちなみに冒頭の370キロカロリーってどれくらい?ってことで、ググってみました。さかい医院の情報によると300キロカロリーだと

  • ごはん2.5善
  • 食パン6切り入2枚
  • コーラ350ml缶2缶
  • ビール中ジョッキ2杯
  • ポテチ1/2袋

こんな感じ。これをデスクワークしながら、1時間〜でなかったことにできるチェアです。普通にデスクワーカーからするとありがたい。

FlexiSpot フィットネスチェアV6の画像
仕事しながらレッツ運動!

フィットネスバイクって聞くとオフィスチェアよりデザインがイケてないのかな?と思ったのですが、そんなことはなかったです。

ホワイトカラーだと、ほぼ無彩色経のカラーしか使われていないし、全体のビルドクオリティは高く、多くのワークルームで共存できるようになっています。

  • オフィチェアが欲しい
  • デスクワークばかりで健康が気になる
  • 普段忙しくて運動する時間がない
  • 時間を有効活用したい

このような人は、本記事のFlexiSpot フィットネスチェアV6 レビューを参考にしてください!ではいきましょ!

座っている画像等がでてくるので参考までに伝えておきます:著者の身長183cm体重76kg

FlexiSpot フィットネスチェアV6
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 座る⇄立つ⇄運動のトライアングル完成
  • 思った以上にしっかり運動できるし臀部が痛くない
  • 肘掛けがあるのでデスクワーク時も違和感が少ない
  • デスクにそこそこ馴染みやすいデザイン・ビジュアル
  • 普段運動する時間が取れない人は最高の相棒になる
デメリット
  • 座り心地は本格的なオフィスチェアより劣る
  • キャスターロックする/外す動作が面倒
  • 蒸れる

\登録コード「85247」を入力してお得に買物/

公式 https://flexispot.jp/

関連 【5月23日〜28日】最大50%OFF!FlexiSpotをお得なビッグセール情報

本記事はFlexiSpot様より製品提供いただき作成しています。記事内容に指示等はございません。

スポンサーリンク
目次

FlexiSpot フィットネスチェアV6でペダルを漕いでる雰囲気

はじめにFlexiSpot フィットネスチェアV6でペダル漕いでるシーンみたいんだけど!って方多いと思うので、ペダル動作シーンを2つ置いときます↓

負荷最小

負荷最大

どちらもイスが揺れていますが、乗っている本人はほとんどわからないレベルの揺れです。

動画のとおり普通にフィットネスバイクとして機能しているので、「オフィスチェアとフィットネスバイクって共存できるの?!」って不安はなくて大丈夫です!

FlexiSpot フィットネスチェアV6 特徴レビュー【どんなフィットネスチェアか】

昇降デスクで人気のFlexiSpotから新発売のフィットネスチェアV6について特徴をレビューしていきます。

特徴
  • 座り心地はそこそこ快適で運動ができる
  • 強度は8段階で軽めの運動から強めの運動まで対応
  • メモリあるのでモチベあがる
  • 時間を無駄にしないオフィスチェア
  • スタンディングデスクとの組み合わせが最高

順に見ていきます。

座り心地はそこそこ快適で運動ができる

FlexiSpot フィットネスチェアV6のメモリ付近

人間工学的オフィスチェア構造を導入していて、ヘッドレスト、アームレスト、バックレスト以外にも脊椎サポート(ランバーサポート)なども備わっています。

安物のオフィスチェアと比較すると、フィットネスチェアV6の方が快適性が高く長時間座っても疲れにくいです。

強度は8段階で軽めの運動から強めの運動まで対応

FlexiSpot フィットネスチェアV6のメモリ部分

負荷を8段階で調整できるので、自分好みの負荷をかけつつ、デスクワークの相棒エアロバイクとして多くの肩が活用できるでしょう。

メモリあるのでモチベあがる

FlexiSpot フィットネスチェアV6でキロなど数えれる

本チェアはただエアロバイク的につかってサイクリング動作ができますよ〜だけではありません。

使用者のモチベを上げる機能も搭載。それがこのメモリで、結果が目に見えてわかるんですよね。

サッと運動結果を視認できるメモリは、継続するためのモチベになり継続するための手助けになってくれます。

時間を無駄にしないオフィスチェア

デスクワーク、ボクのように自分時間でブログのようなPCで趣味や作業をする人は、毎日何時間も時間をただ浪費しちゃってる。なんて、感じる人も多いでしょう。

フィットネスチェアV6は、この浪費した時間を質の良い時間に変化させてくれます。

まさに日々のQOL向上の一翼を担う画期的なエクササイズバイクです。

ポモドーロタイマーの休憩インターバルでも使いやすい

FlexiSpot フィットネスチェアV6はポモドーロタイマーと相性良い

デスク持ちの方も導入してる人が多いポモドーロタイマーと生産性や効率化の側面からもフィットネスチェアV6と相性良いです。

ポモドーロで、「休憩時間だけ」フィットネスチェアV6で運動する!みたいなルーティンを作れちゃいます。

スタンディングデスクとの組み合わせが最高

FlexiSpot フィットネスチェアV6とFlexiSpotのデスク
FlexiSpot フィットネスチェアV6でたった状態

フィットネスチェアV6を導入して、サイクリングをしていても、やっぱり立ちたくなっちゃいます。

そのときに活躍するのが同社の昇降デスクFlexiSpot E8です。

ボクが持ってるE8とフィットネスチェアV6の組み合わせは、マクドナルドでいうハンバーガーとポテト、コーヒーでいうチョコくらい親和性が高い。

お互いがお互いのため!みたいなザ・相棒の組み合わせになります。

FlexiSpot フィットネスチェアV6開封レビュー

FlexiSpot フィットネスチェアV6の開封レビューをしていきます。

スペック

製品名フィットネスチェアV6
サイズW650×D740~975×H1162~1455mm
耐荷重130kg
重量31.2Kg
バックレスト0°~12°
ヘッドレスト上下64mm、左右45°
アームレスト上下72mm、前後40mm、左右30°
クッション上下530~758mm、前後20mmスライド可能
カラーホワイト・グレー
コートラック耐荷重5kg

パッケージ付属品

持っていく時幅が必要
このサイズを通せなかったら玄関で崩してパーツごとに運ぶ必要あり

パッケージはバカでかくて重たいです。

ダンボールのサイズは、「51×64 cm」これが部屋まで入らなければ玄関でダンボールを崩して、各個パーツを部屋まで持っていく必要があります。

FlexiSpot フィットネスチェアV6 付属品
FlexiSpot フィットネスチェアV6 パッケージの中身

梱包はさすがのFlexiSpot。ビッチビチに緩衝材で包んでいます。以前買い替えたテレビよりしっかり梱包されて届きました。

※開封方向はパッケージの向きが正しい状態で開けないと落下の恐れ等あり危険

組み立て

取扱説明書あり
組み立て手順はわかりやすくステップ1〜6まで解説あり
FlexiSpot フィットネスチェアV6 の同梱品の中身
各パーツをボルトで締めるだけ
FlexiSpot フィットネスチェアV6 ネジを締めなおす
専用の組み立てキット同梱

組み立てキットはすべて入っているので、何も準備する必要なし。説明書の手順通りすすめると15分ほどで組み立てれます。

※2畳くらいのスペース確保は必要

外観デザイン

外観デザインをチェック。

座面・バックレスト表・ヘッドレスト

座面

FlexiSpot フィットネスチェアV6の座面は厚め
4層クッション
FlexiSpot フィットネスチェアV6のチェアの高さ変更できる
イスの高さ変更可
イスの伸びるサイズ
約23cm上下可
FlexiSpot フィットネスチェアV6 の取っ手をオクに出す
座面をスライドさせるハンドルがイスの前面にある
※画像は組立時で座面を置く前
  • ナイロン樹脂+ガラス繊維
  • 木材
  • スポンジパッド
  • メッシュ素材

座面のクッションは上記4層になってて、沈み込みもそこそこ感じながら痛みもすくくなくなっています。質感は普通に良い。※10時間くらい座ってても痛くならない

イスの前面にあるハンドルを持って座面を前後に調整可能

座面可動:上下530~758mm、前後20mmスライド可能

バックレスト表

FlexiSpot フィットネスチェアV6の座る部分背中
FlexiSpot フィットネスチェアV6の背もたれ部分
通気性の良いメッシュ地

あら目のメッシュ地で背もたれ部分はかなり蒸れにくくなっています。

あとで書きますが、脊椎サポート(ランバーサポートのようなモノ)を調節して、自分の身体に合わせて背骨を支えれる仕組みあり。持たれたときは程よく反発してくれます。

FlexiSpot フィットネスチェアV6の背もたれ可動
FlexiSpot フィットネスチェアV6の持たれた押した状態

バックレストは角度調整ができるし、固定もできる。

ヘッドレスト可動:0°~12°

ヘッドレスト

FlexiSpot フィットネスチェアV6のヘッドレストは動く
FlexiSpot フィットネスチェアV6のヘッドレスト下向き
FlexiSpot フィットネスチェアV6のヘッドレストに頭載せた状態

ヘッドレストは「長さ」「角度」調整ができるので、頭の位置に合わせてベストポジションで作業や休憩が可能。

ヘッドレスト可動:上下64mm、左右45°

バックレスト裏・脊椎サポート・アームレスト

バックレスト裏

FlexiSpot フィットネスチェアV6のランバーサポート部分
S字サポートする脊椎サポート機能
FlexiSpot フィットネスチェアV6のランバーサポートは調整可能
背面下部に操作部分あり
FlexiSpot フィットネスチェアV6の乱馬サポートは手で動かすだけ
手でクイっと持ち上げたり下げたりするだけ

脊椎サポート(ランバーサポート)は、ちょうど背に当たる部分を調整して、骨盤・背骨のラインがアーチ状になることを防げS字形状に整えることが可能。

これのおかげで、フィットネスバイクの一線を超えて、しっかりオフィスチェアの役割を果たしてくれています。ビルドクオリティが高い。

※著者は過去に野球で潰したヘルニア持ちですが、10時間近く座ってもいたくなりませんでした

ちなみにランバーサポートつきのオフィスチェアはこんな人におすすめ

  • デスクワーカー(オフィスワーカー)
  • 座っていると疲労を感じやすい
  • 座時の姿勢が悪いと感じる
  • 腰痛持ち/腰痛予防したい

アームレスト

FlexiSpot フィットネスチェアV6のアームレストアップ
やや薄めで硬めのクッション
FlexiSpot フィットネスチェアV6のアームレストに腕おいた状態
クッション性は少ないが肘をかけてていたくなることはない
flexispot

アームレストは「上下」「左右」「前後」調節機能つき

画像出典:FlexiSpot

ペダルを漕ぐことを前提にしているチェアなので、このアームレスト機構がかなり活かされます。

普通のオフィスチェアより、重要なんだと知りました。

なぜなら、基本的に本体のキャスターをロックして使うので、微調整するときはチェア全体で調整より、このアームレストの位置調整や座面の調整を多様するからです。

アームレスト可動:上下72mm、前後40mm、左右30°

コートラック・ペダル

コートラック

FlexiSpot フィットネスチェアV6のハンガーラック部分
FlexiSpot フィットネスチェアV6のハンガーはちょっとシワいきやすい

柔らかめの生地(ロロ・ピアーナ)のスーツジャケットで試しましたが、結構ヨレるのでそこまで期待しないほうがいいかも。あくまでもおまけ程度かな?と感じました。

無いよりはある方が助かるので、ラフな格好のジャケットや上着ほど活躍しますね。

ペダル

FlexiSpot フィットネスチェアV6は素足でも靴下でもOK
靴下
靴下
そのままサンダルのママ焦げる
TELIC W-BUCKLE

ペダルは滑りにくくなっているので、素足でも靴下でも問題なく使用できるので、ちょっとだけ運動しよ!みたいな時も使いやすいペダルです。

リカバリーシューズの「TELIC W-BUCKLE」ならもっと快適に漕げます。

ちなみに、このサンダルはFlexiSpot E8を使うようになってから、長時間スタンディングしたときに足が痛かったのを救ってくれた救世主。

※prime try before you buyで無料で試せるので気になる人は是非↓

>>TELIC W-BUCKLEを7日間無料で借りる

サイズ重量

FlexiSpot フィットネスチェアV6のサイズ
出典:FlexiSpot
FlexiSpot フィットネスチェアV6 サイズ
FlexiSpot フィットネスチェアV6の後ろ結構でる

キャスター部分が奥行きのスペースを取るので、普通のオフィスチェアの感覚よりも+20cmくらいみておくとサイズミスしないはず。

サイズW650×D740~975×H1162~1455mm
耐荷重130kg
重量31.2Kg

\登録コード「85247」を入力してお得に買物/

公式 https://flexispot.jp/

FlexiSpot フィットネスチェアV6の使い方・使用感

FlexiSpot フィットネスチェアV6を実際に使ったボクが、使い方・使った感想を書いていきます。

初期設定

フィットネスチェアV6には、必ずこれをやりなさい!みたいな初期設定がありません。

必要なものは電池のみ↓

FlexiSpot フィットネスチェアV6の電池2個

家にある単3電池で解決。エネループのような充電式が便利なのでない人は、この際ワンセット買っておくと良いですよ!

電池を入れたらセットして漕ぐ。これで初期設定というか、使える状態になります。

FlexiSpot フィットネスチェアV6 使う時の流れ

キャスターロック > 負荷設定 > ペダル漕ぐ

動作

漕ぐときにペダルロックできるのは集中できる

FlexiSpot フィットネスチェアV6のキャスター部分
まえ2輪
うしろ2輪
FlexiSpot フィットネスチェアV6のキャスター
FlexiSpot フィットネスチェアV6のキャスターロック
指で操作可

キャスターは前後で4つあって、すべてにロック機構搭載。ペダルを漕ぐときはロックして行います。

気になったので、ロックなしでもペダルを漕いでみました。

チェアの重量と自分の体重もあってかそこまで大きくズレるようなことはないので、転げ落ちる!みたいなリスクは感じなかったですよ。

デジタルディスプレイで全部把握できるのは便利

FlexiSpot フィットネスチェアV6のカロリー消費計算

デジタルディスプレイで確認できるのは6項目

  • 運動時間
  • 速度
  • 距離
  • カロリー
  • 合計距離
  • 回転速度

ボタンを押すごとに切り替わっていきます。反応も遅くないので、ノンストレス。

8段階の負荷調節機能は筋力に合わせれるから老若男女OK

FlexiSpot フィットネスチェアV6の負荷調整

8段階調節機能は、かなり幅広い方にアプローチして作ったんだな、とわかる印象でした。

普段週2〜3回身体を動かしてる(自重トレメイン)人間が使った時の感想はこちら↓

レベル1・かるすぎて逆にしんどい
・運動が超苦手な人は良いかも
レベル2・レベル1より一気に負荷はくる
・ストレッチみたいな心地よさ
レベル3・レベル2より若干重たくなる
・筋力が少ない多くの方に好まれそうな重さ
レベル4・レベル3と大差ない
・普段運動しない人に好まれそうな重さ
レベル5・レベル4からの違いは結構違うちょっと重い
・数時間の長時間ながら作業にベストな感覚
レベル6・重さを感じる
・2時間くらいの作業との相性が良い
レベル7・そこそこ重たい
・30分から1時間集中力を切らさないながら運動に良い
レベル8・重たい、レベル7と大きく違う
(わりとちゃんとした坂道漕いでる感覚)
・作業と一緒に長時間やるなら集中力持っていかれそう

表のとおり、8段階あると多くの方におすすめできる強度になっていてるので、「怪我やなんらかの事情で漕げない」「筋肉ガチムチモンスター」以外の方はどれかしらでベストな負荷になると思います。

ちなみにボクは下記の感じで使ってます。

  • 長時間デスクワークする時:レベル5 or 6
  • ブログ記事書く時:レベル7

キャスター付きで移動がラク

FlexiSpot フィットネスチェアV6のキャスター部分 
4輪で前後左右動かしやすい

動作時にキャスターが詰まるような挙動もなく、前後左右スイスイ動かせれるので、狭い空間でも取り回しやすいです。

強度別消費カロリー計測してみた

FlexiSpot フィットネスチェアV6が一体どれくらい消費カロリーあるのか、以下の環境で計測してみた。

  • デスクワークしながら計測(あくまでもついで運動)
  • 計測時間は各負荷で5分
  • 負荷ごとのインターバル5分

結果はこちら↓

レベル1レベル2レベル3レベル4
30kcal26kcal23kcal24kcal
レベル5レベル6レベル7レベル8
22kcal19.8kcal18.7kcal17kcal
  • 5分×8回の合計消費カロリー:180.5kcal
  • 5分×8回の合計距離:約13km

意外にもレベル1が1番カロリー消費多い結果に。多分だけど、負荷が小さいほうが漕ぐ回数が多くなるので、漕ぐ回数で計測してそう。

なので、そこまで正確ではないと思う。あくまでも目安程度に考えた方がいいですね。

みんな大好きたけのこの里は85分でなかったことにできる

例えば

デスクワーク時にたけのこの里をたべたとする。彼らは実に美味しい、美味しいがゆえにやはりカロリー爆弾なんだ。

摂取カロリーは383カロリー(明治HPより抜粋)これをなかったことにしたいデスクワーカーも多いであろう。

で、FlexiSpot フィットネスチェアV6を使って、このたけのこ爆弾をなかったことにするなら、おおよそ85分間漕ぎながら作業すればOK。

ブログの作業時間があれば550kcal消費できる

消費カロリー
2時間ゆっくり漕ぎながら作業して553キロカロリー消費
距離36.9km
距離は36.9km
(思った以上に漕いでてワロタ)

ボクがブログの執筆に割く時間は1時間30分〜2時間くらい。

もし作業の2時間漕ぎ続けながら、ブログを書き続けたら540kcalやっつけれる。※ママチャリで1時間漕ぐと平均370kcalといわれている

ボクの場合365日中360日ブログを触ってるような人間なので、360日×2時間で年間消費カロリーは194,400キロカロリー。<すごいっ!!

よくよく考えるとこれ本当に画期的だと思うんだ。デスクで趣味をしながら、勝手に痩せれるって夢のようなアイテム。ありがとうFlexiSpot…

メモ

消費カロリーは本来「体重」「運動量」「運動強度」などから算出されます。

ライトフィットネストライトオフィスを理念にしているFlexiSpot フィットネスチェアV6では、大まかな数値しかわかりません。

使う前に考えていたことと違う点・おすすめの使い方

使用前に、オフィスチェアと交互に使いたい!

このように思ってましたが、「スペースを取ること」「入れ替えが面倒」なので、ガッツリ固定配置できるスペースに置くことを推奨。
※ボクの場合はサブデスクのチェアとして活躍してもらうことにしました。

作業しないときは、違う運動したほうが効果が良い運動は多いので、あくまでもデスクワークのついでに健康なろう!の意気込みくらいで使うのがおすすめの使い方。

\登録コード「85247」を入力してお得に買物/

公式 https://flexispot.jp/

FlexiSpot フィットネスチェアV6メリット(良かった点)

FlexiSpot フィットネスチェアV6メリット(良かった点)は5つです。

メリット
  • 座る⇄立つ⇄運動のトライアングル完成
  • 思った以上にしっかり運動できるし臀部が痛くない
  • 肘掛けがあるのでデスクワーク時も違和感が少ない
  • デスクにそこそこ馴染みやすいデザイン・ビジュアル
  • 普段運動する時間が取れない人は最高の相棒になる

座る⇄立つ⇄運動のトライアングル完成

FlexiSpot フィットネスチェアV6とパソコン
スタンディングデスク最大のメリット立って仕事
FlexiSpot フィットネスチェアV6で座った状態
座る・漕ぐ(運動)を選べるようになる

同社は日本国内のスタンディングデスクシェアが非常に高いデスクで有名ですが、そんな企業が作ったチェアだからこそ座る⇄立つ⇄運動の絵に書いたようなルーティンワークを違和感なく作れます。

思った以上にしっかり運動できるし臀部が痛くない

FlexiSpot フィットネスチェアV6臀部痛くない

ハッキリ言って。使うまでは「運動はおまけ」「座り心地が悪いかも」って思っていました。そんなことなかった。今は謝りたい。

レベル8ならそこそこきついくて普段走ったりしてない人は10分もかからず息上がると思うレベルで運動できるし、座り心地は安物チェアとは比較にならないほど普通に良い。

あとお尻(臀部)痛くない。

すべてが良い意味で予想を上回ってきたチェアでした。

肘掛けがあるのでデスクワーク時も違和感が少ない

FlexiSpot フィットネスチェアV6でアームレスト便利

もともとデスク向けのフィットネスチェアに興味がなかった理由の1つが、肘掛けのあるアームタイプのチェアがなかったから。

肘掛けってボクは必須で、作業時になにか考えるときいつも肘掛けに腕を預けて、後傾になって天をよく仰いでます。

ちなみにブログ書く時も一気に書き続けるので、終わったときに集中力切れて休む時も同じ格好を良くするので肘掛けは絶対ほしい。

ただ、運動時は肘掛け無いほうが便利だし、スペース取らないってメリットもあるのでここは一長一短ですけどね。

※組立時に肘掛けなしの状態にすることもできます

デスクにそこそこ馴染みやすいデザイン・ビジュアル

FlexiSpot フィットネスチェアV6のサイクリング
FlexiSpot フィットネスチェアV6の背面

FlexiSpot フィットネスチェアV6を導入したらもっとフィットネス感でるかな?と思ってましたが、普通に馴染みました。

FlexiSpot フィットネスチェアV6のカラー
出典:FlexiSpot

ちなみにグレーとホワイトがあって本当はグレーにしたかったのですが、グレーのワンポイントのオレンジがかなり目立つ感じだったので、オレンジは避けたくてホワイトにしました。

普段運動する時間が取れない人は最高の相棒になる

FlexiSpot フィットネスチェアV6はオフィスワーカーにおすすめ

本チェアは「座って作業するだけじゃ時間が勿体ない!みたいな人や合理的な人」向けなのかな?と思っていましたが、1番は「「時間が少ない人」」向けのチェアに感じました。

いつも自分の時間が少なく、運動する時間が取れない・惜しい。そう考えている人ほど、フィットネスチェアV6は最高の相棒になります。

FlexiSpot フィットネスチェアV6デメリット(気になった点)

FlexiSpot フィットネスチェアV6デメリット(気になった点)は3つありました。

デメリット
  • 座り心地は本格的なオフィスチェアより劣る
  • キャスターロックする/外す動作が面倒
  • 蒸れる

座り心地はオフィスチェアより劣る

FlexiSpot フィットネスチェアV6とどっちのイスが良いか
FlexiSpot フィットネスチェアV6とオフィスチェア
大きく異なるのはクッション部分の形状

ふとももの可動域を確保するために、自転車のサドルのような形になっているため、快適にすわってね!みたいなイスではありません。

快適性を謳っているチェアとはやっぱり違います。

座った時の足の落ち方やどうしてもペダルありきの足の置き方になる部分は、快適性抜群!とは言い難いですからね。

長身の方は要注意

肩が入らない
肩がむき出し
※画像の人間身長183cm

ヘッドレストが可変式で、最大10cmくらいあげて角度を調整すると頭をあずけることはできます。

ただ、持たれたときに肩にガッツリヘッドレストがあたるので、ラクな姿勢を取る時は結構気になるんですよね。

キャスターロックする/外す動作が面倒

個人的にはすごく気に入ったフィットネスチェアなのですが、安全のためのキャスターロックの操作は直接キャスター部分で行う必要があります。これが結構面倒で残念。

欲を言えば、手元でキャスターロックを操作したかった。今1番改良してほしいポイントがここでした。
※安全を配慮してこの形かもしれません

蒸れる

FlexiSpot フィットネスチェアV6の座面アップ

メッシュ地ですが、目が詰まってるので蒸れやすいです。

さらにペダルを漕ぎながらだと、多少なりとも汗がでるので、その分余計に蒸れやすく感じました。

ゲルクッションでかなり改善された

FlexiSpot フィットネスチェアV6にクッション置くとだいぶラク
より通気性の高いクッションを設置
FlexiSpot フィットネスチェアV6の座面

普段はCOFO Chair Premiumに座っているのですが、座面の両端が痛くなりやすかったので、導入したゲルクッション。

これが、フィットネスチェアV6を蒸れにくくさせるクッションとして、機能してます。

もはやスタンダードにしてほしいくらい。今はこのクッションないと、群れが気になってしょうがない。

本チェアを買うなら、通気性の良いゲルクッションを揃えてたほうがいいですよ。

著者がつかってるゲルクッションはこちら↓

ボクはCOFO Chair Premiumの座面サイズにあわせて特大サイズにしてますが、FlexiSpot フィットネスチェアV6用だと標準サイズで良い。

FlexiSpot フィットネスチェアV6についてよくある質問

FlexiSpot フィットネスチェアV6についてよくある質問と回答は以下のとおり。

最大何キロカロリー消費の表記ができるか

1000km消費

最大1000Kcalまでの表記ができます。

以降はメーターが回らないため、メーターを再度回す場合は、設定ボタンを一度長押ししてカウントを0に戻す必要があります。

最大何kmまで表記ができるか

99kmまで計測

最大99kmまでの表記ができます。

消費カロリー同様に、以降はメーターが回りません。メーターを再度回す場合は、設定ボタンを一度長押ししてカウントを0に戻す必要があります。

FlexiSpot フィットネスチェアV6レビュー【まとめ】

FlexiSpot フィットネスチェアV6レビューでした。

こびぃ

本チェアを使って『今より健康になるか』『どんな効果があったか』は、まだ全然わからないから、長期で使ったら追記レビューする予定だから長期使用感が気になる人はブクマしてたまに見に来てね!

FlexiSpot フィットネスチェアV6
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 座る⇄立つ⇄運動のトライアングル完成
  • 思った以上にしっかり運動できるし臀部が痛くない
  • 肘掛けがあるのでデスクワーク時も違和感が少ない
  • デスクにそこそこ馴染みやすいデザイン・ビジュアル
  • 普段運動する時間が取れない人は最高の相棒になる
デメリット
  • 座り心地は本格的なオフィスチェアより劣る
  • キャスターロックする/外す動作が面倒
  • 蒸れる

個人的には2023年手に入れてよかったモノTOP10の1つになりそう。

本業のデスクワーク増、趣味のPC作業増、で運動できる時間が昔より減っていた懸念というか不安が緩和された気がします。

年を重ねて、健康にもより留意しないとなぁって思ってた矢先にこの出会いは本当に感謝。

  • PC作業多い人や
  • 時間を有効活用したい方
  • 健康に気をつけたい方

上記に該当する人は、一度商品チェックしてください!では良き健康ボディライフを!

\登録コード「85247」を入力してお得に買物/

公式 https://flexispot.jp/

FlexiSpot フィットネスチェア V6  レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次