Amazonプライムデー先行セール開始! セール会場はこちら

【最新版】モバイル保険の評判・口コミ情報!メリット・デメリット・補償範囲を徹底解説

モバイル保険の評判・口コミ情報!メリット・デメリット・補償範囲を徹底解説

スマホの保険は何の保険に入るのか、iPhoneだったら保険はApple Careでいいのか。って悩みますよね。

本記事で、スマホの保険に関するお悩みが解消できます。

ボクが使っているのはモバイル保険。1つの契約でMacBook・iPhone・iPadの3台補償してもらえるのが決め手で選びました。

モバイル保険のメリット
  • 月額700円で3台まとめて補償
  • 修理の自己負担は上限までは0円
    • 主端末(1台):10万円
    • 副端末(2台):3万円
  • 機種変しても手続きが簡単

業界シェアNo.1を獲得したのも納得。メリットが充実してコスパがいいスマホ保険がモバイル保険です。

コビロボ

でもモバイル保険って本当に良いの?人気なの?スマホ保険で一番良いって聞くけど選んで良いのかな?

こんな疑問に答えるために、数多くのスマホ保険を利用したボクが実際の体験談、口コミ・評判をまとめました!

スマホ保険料金比較表
  • 家族で安くスマホ保険に入りたい
  • 複数の端末の補償がほしい
  • 安いだけじゃなくて補償が充実したスマホ保険がいい
  • 万が一修理時は自己負担額0円がいい

こんな風に考えている人は、ぜひ検討してください。

こびぃ

ボクも過去はApple CareでiPhoneやiPad、MacBookの保険に入っていたけど、今はApple Careより条件が良いモバイル保険に乗り換えたよ!

では「【最新版】モバイル保険の評判・口コミ情報!メリット・デメリット・補償範囲を徹底解説」について書いていきます。

\月額700円で新型もOK!/

1年以内の購入端末も3台までOK!

>>

気になる場所へジャンプ

記事内の「⇧目次へ戻る」ボタンを押すとここまでもどります

目次

モバイル保険とは?

【代替案】Apple Care+よりもっと安くて複数台まとめて保証に入れる保険会社のモバイル保険がおすすめ
モバイル保険の特徴
  • 月額700円1日約23円相当)
  • 1契約で最大3台までのモバイル端末が補償対象
    ※使用者は家族でも可
  • 修理費用は自己負担0で年間最大10万円まで補償
  • 落下破損・水没・盗難などの幅広いトラブルで補償サービスが受けられる

モバイル保険とは、さくら少額短期保険株式会社が提供するスマホ保険の一種

モバイル保険はスマホ保険の業界内でシェアNo.1を獲得しています。

スマホ保険は、スマートフォンやタブレットなど手持ちのモバイル端末にトラブルが起きた場合に補償してくれるサービスです。

モバイル保険と他社の「月額料金」を比較

モバイル保険と他社のスマホ保険でiPhoneの保証/補償をつけた場合の「月額料金」を比較して表にまとめました。

スマホ保険料金比較表
保険会社月額料金補償台数
モバイル保険700円3台
AppleCare+580円〜1580円1台
docomo smart
あんしん保証
990円〜1,100円複数
※条件による
au 故障紛失
サポート ワイド

with AppleCare+
1,270円〜1,870円1台
SoftBank
あんしん保証パック

with AppleCare Services
740円〜1,740円1台
2024.4調査時

月額料金・補償台数とも、モバイル保険がお得ですね。

対抗馬となるのはdocomoのsmartあんしん保証。

ただしdocomoは契約したiPhoneの修理には自己負担金が必要です。

  • docomoの自己負担金:12,100円
  • モバイル保険の自己負担金:0円
こびぃ

他社のスマホ保険と比べるとお得なのが分かるね!

モバイル保険と他社の「補償範囲」を比較

モバイル保険と他社のスマホ保険の「補償範囲」を比較してまとめました。

月額料金の
比較表
モバイル保険AppleCare+docomo
smart
あんしん保証
au
故障紛失
サポートワイド
SoftBank
あんしん保証
パック
画面割れ
本体破損
水濡れ
故障
修理不能
端末
×
盗難
紛失××

モバイル保険は、紛失以外は全て補償対象となります。
逆に、登録端末を無くしてしまうと補償の対象外となりますので要注意です。

まとめると…

月額料金・補償範囲とも「モバイル保険」が一番充実!

\月額700円で新型もOK!/

1年以内の購入端末も3台までOK!

>>

モバイル保険と他社保険をもっと比較した記事はこちら↓

モバイル保険のメリット

モバイル保険のメリットを3つの視点でまとめました。

モバイル保険のメリット
メリット
  • メリット①:補償対象は1契約3台まで
  • メリット②:スマホ以外でも無線通信可能なモバイル端末すべてが補償対象
  • メリット③:額700円で年間10万円まで何回でも修理費用を補償
  • メリット④:機種変更・キャリア変更しても契約継続が可能
  • メリット⑤:WEBから5分で保険金請求できる
  • メリット⑥:提携修理店ではキャッシュレスリペア可能

には、数あるスマホ保険の中でもメリットが多いことから、業界トップシェアを誇っています。

そんなモバイル保険のメリットや利点について紹介していきます。

メリット①:補償対象は1契約3台まで

モバイル保険の契約台数は、1契約で最大3台まで登録できます。

大手キャリアのスマホ保険では、副端末登録が不可。1契約で1台のみの補償です。

複数台保証してもらえるサービスは、モバイル保健のほかdocomoのsmartあんしん補償もあります。

保険サービス補償対象
モバイル保険登録した3台
smart
あんしん補償
契約端末
+家の中で使っている対象アイテム

ただし、docomoの場合は「家の中」という制約あり。

タブレット端末やWifi機器など複数の携行品をお持ちで、外出先でも補償してほしいなら、複数端末登録できるモバイル保険がおすすめです。

メリット②:スマホ以外でも無線通信可能なモバイル端末すべてが補償対象

モバイル保険の対象機器は、スマホ保険では珍しく、スマホに限りません

無線通信可能なモバイル端末すべてが補償対象。

無線通信可能なモバイル端末とは、Wi-FiかBluetoothが使用できる電子機器のことをさします↓

  • タブレット端末
  • ゲーム機
  • WiFiルーター
  • PC(パソコン)
  • スマートウォッチ
  • モバイル音楽プレイヤー
  • ワイヤレスイヤホン
  • スマートスピーカー など
コビロボ

あらゆる無線通信機器の故障に対応してくれるから安心だね!

メリット③:月額700円で年間10万円まで何回でも修理費用を補償

モバイル保険は、月額700円で年間最大10万円までの修理費用を補償してくれます

自己負担額は0円。他社だと自己負担額がかかる保険が多いので嬉しいですよね。

コビロボ

しかも回数制限はなく、何度でも補償してくれる良心的な補償!

モバイル保険以外のスマホ保険では、年間の回数制限を設けているものが多いです。頻繁に修理を出したい人にとって安心感があるスマホ保険と言えますね。

強度の高い最新iPhoneも落下すると一撃で画面が割れるから保険は必須

割れにくくなったと言われているiPhoneの画面ですが、落し所が悪いと一発で割れます。

保険なしだと修理費が約20,000円〜60,000円です。※修理価格はApple公式サイトを参照

しかし、モバイル保険だと自己負担金も不要で0円

その他のスマホ保険では、モバイル保険より高い月額の掛け金+自己負担額が数千円必要なケースが多いです。

こびぃ

モバイル保険はこの点で言っても安心できる保険だね!

メリット④:機種変更・キャリア変更しても契約継続が可能

モバイル保険は、ユーザーに契約が紐づけられています。そのため、機種変更やキャリア変更しても今までの契約が継続できる

スマホ保険を比較してわかったのですが、Appleや大手キャリア3社のスマホ保険だと、基本的に契約時でないと加入できません

どういうことかと言うと、モバイル保険は

  • 同じ端末でキャリアを変更しても契約継続OK
  • 違うスマホに機種変したら登録端末を変更するだけで契約は継続OK
  • 中古端末も保証書があるところで買えば契約OK

圧倒的な柔軟性の高さが強みです。

メリット⑤:WEBから5分で保険金請求できる

モバイル保険では、WEBから簡単に保険金請求できる仕組みになっている

保険金請求の流れ

  1. 故障端末を撮影
  2. 修理業者にて修理する
  3. 修理業者に「修理報告書(リペアレポート)」を書いてもらう
  4. 領収証(レシート)をもらう
  5. ③④を撮影
  6. 事故発生時の状況や原因を入力し、①⑤を添付する

上記の簡単手順で、保険金請求できます。5分もあれば、WEBサイトより申請することが可能です。

申請翌営業日より最短2日で審査が完了し、最短5営業日でお支払いが完了します

メリット⑥:提携修理店ではキャッシュレスリペア可能

提携修理店では、モバイル保険のマイページから事前に利用申請を行うことでキャッシュレスリペアが受けられます

コビロボ

つまり、支払いをすることなく、提携修理店に持ち込むだけで修理してもらえるってこと!

注意点は2つあります。

①:キャッシュレスリペアの対象端末

2024年4月の時点では、以下の機種のみキャッシュレスリペアが利用できます。

  1. iPhoneシリーズ
  2. Google Pixelシリーズ
  3. SHARP製スマートフォン (SIMフリー)
  4. モトローラ製スマートフォン (SIMフリー)

②:キャッシュレスリペアの対応

キャッシュレスリペアが利用できるのは、一部の店舗では「画面破損」のみです。

>>

モバイル保険のデメリット

には様々なメリット・利点がありました。しかし、良いことばかりではありません。

モバイル保険のデメリット
デメリット
  • デメリット①:バッテリー交換は補償対象外
  • デメリット②:紛失は補償対象外
  • デメリット③:海外での機器トラブルは補償対象外
  • デメリット④:モバイル保険より安いスマホ保険がある
  • デメリット⑤:副端末から主端末への契約変更できない
  • デメリット⑥:エクスプレス交換できない

モバイル保険のデメリットも確認してみましょう。

デメリット①:バッテリー交換は補償対象外

バッテリー交換は、補償対象外となるので要注意

スマホを数年単位で使うと、必ず出てくるのがバッテリー消耗問題。

残念ながら、バッテリー交換は保証対象外です。

交渉と消耗品の交換は分けて考える必要がありますね。

デメリット②:紛失は補償対象外

モバイル保険の補償対象は「自然故障、破損、損壊、水濡れ、故障、盗難」です

紛失に関しては、補償対象外となります。モバイル保険にするなら、なくさないように心掛けましょう。

デメリット③:海外での機器トラブルは補償対象外

モバイル保険の補償は、国内でのトラブルのみ適用される

海外でトラブルがあって、修理しても保険適用外になってしまいます。

デメリット④:モバイル保険より安いスマホ保険がある

モバイル保険は、最安値のスマホ保険ではありません

モバイル保険の月額700円より月額料金の安いスマホ保険はあります。

ただし、安さだけでスマホ保険を選ぶと失敗や後悔の原因となります。

例えば…

  • 修理時に自己負担金額が発生
  • 補償は契約したスマホのみ
  • キャリア変更すると契約が終了する

デメリット⑤:副端末から主端末への契約変更できない

モバイル保険に加入する時に、主端末を登録します。副端末も登録できますが、副端末を主端末へ契約変更することは出来ません

逆の、主端末を副端末に契約変更することは可能です。

また、解約含め補償対象端末から削除した端末は、以下のことが出来なくなります

  • 再登録
  • 新規での申し込み
  • 別契約への追加登録

デメリット⑥:エクスプレス交換できない

故障したiPhoneは交換ではなく、基本は修理のみ

Apple(アップル)が提供している保険「AppleCare+」の特典の1つにエクスプレス交換が含まれます。

エクスプレス交換とは

故障したiPhoneを新品もしくは新品同様のiPhoneに交換するサービスのこと

修理料金で新品同様のiPhoneと交換できるので、iPhoneユーザーならないよりあるほうが嬉しい補償サービスですが、モバイル保険ではありません。

こびぃ

Apple Care+だと新品になるのは嬉しいけど、そのために毎月高すぎる保険料を支払うのもなんか違う気がするんだよね…

モバイル保険の口コミ・評判・体験談

モバイル保険利用者の口コミや体験談、評判をまとめめました。

AppleCareよりも優秀

X口コミ

モバイル保険の口コミや評判を探していると、AppleCareと比較している人が多いです。

Apple Careと比較してモバイル保険の優れている点

  • 月額料金700円で3台(主端末1台、副端末2台)まで登録することができる点
  • 年間10万円(副端末は3万円)まで何回も修理代金補償する点
  • 修理不可の場合の最大2万5千円を補償してくれる点
  • スマホ以外の無線機器も登録できる点

などでAppleが提供しているAppleCareよりもモバイル保険の方が優秀だという声が多くありました。

気になる方はApple Careとモバイル保険の比較記事を参考にどうぞ↓

月額料金が安い

X口コミ

モバイル保険の月額700円で加入できるお得さにメリットを感じている人が多いです。

複数台登録するならモバイル保険一択

X口コミ

モバイル保険のメリットは、主端末1台の他にも副端末2台も登録できます。

こびぃ

つまり、3端末を登録することができ、修理代金を補償してくれるんだよね!

スマホ以外の端末でも登録可能なので、複数の端末に保険をかけたい場合は、迷わずモバイル保険を選ぶと良いです。

キャッシュレスリペアが魅力的

X口コミ

提携店舗に事前申し込みすることで、修理代金を一切支払わず修理できる「キャッシュレスリペア」が魅力的だという声が多くツイートされています。

キャッシュレスリペアのサービスがあるからモバイル保険に乗り換えを検討しているユーザーもいるくらい魅力的なサービスです。

コビロボ

先に修理費数万円を立て替える必要があるスマホ保険が多いから、モバイル保険は良心的だよね!

モバイル保険で保険申請して問題なく保険金がでた

X口コミ

保険金の請求手続きが簡単なのをメリットに感じる人も多いようです。

解約ページが見つかりにくい

X口コミ

「解約者を減らすために、解約ページを見つけにくくしている」というマイナス評価がありました。

解約できないわけではないので、安心して下さい。

モバイル保険の解約ページは「マイページ」→「よくある質問」→「その他質問19」から解約ページへいけます

こちらで詳しく解説しています↓

>>モバイル保険の解約方法を紹介!ペナルティはあるの?

バッテリー交換は補償対象外

X口コミ

モバイル保険ではバッテリー交換が補償対象外となります。

しかし、バッテリー交換するだけなら修理屋さんに持っていけば、8千円程度で出来ます。

2〜3年に1回しかバッテリー交換しないので、AppleCareに加入するよりモバイル保険の方がお得だという口コミもあります。

こびぃ

しかもモバイル保険の会員特典で、バッテリー交換時に15%安くなるクーポンがあるからかなり安くバッテリー交換できるよ!

任天堂Switchのジョイコン修理でも使える

X口コミ

モバイル保険なSwitchも登録でき、ジョイコンの修理にも対応しています。

ゲーム好きな人には、かなりおすすめという口コミや評判が多いです。

紛失は保険対象外

モバイル保険で注意しないといけないのは、紛失の補償がついていない点です。

AirPodsProなどのワイヤレスイヤホンも端末登録できますが、紛失は補償されません。充電ケースや本体を無くしても補償されないとの口コミを多く見かけます。

無くしやすいものよりも壊れやすいものにモバイル保険は向いています。

モバイル保険への申し込み方法

モバイル保険は、インターネットから簡単に申し込むことが出来ます。

こびぃ

スマホからでもパソコンからでも申し込み可能だよ!

モバイル保険への申し込み方法を手順を追って説明します。

>>

STEP
公式サイトより「Web申し込み」をタップ
もベイル保険PC画面
パソコン画面
モバイル保険のスマホ手順
スマホ画面

まずは公式サイトへいく>>

  • パソコンなら、右上にある「Web申し込み」ボタンをクリックします。
  • スマホなら、トップページ上部にある「申し込みはこちら」ボタンをタップします。
    ※もしくは、右上にあるハンバーガーメニュー(≡)をタップして、「Webお申し込み」ボタンをタップします。
STEP
重要事項説明を読み、メールアドレスを送信
モバイル保険メールアドレス入力
メールアドレス送信

モバイル保険加入に関しての重要事項説明が書かれていますので、目を通しましょう。

画面下部にチェック項目があるので、チェックします。

メールアドレスを入力して送信します。

STEP
メールアドレスの確認を行う

送信したメールアドレスに確認メールが届きますので、届いたメールに記載されているURLをタップします。

STEP
申し込み内容を入力
STEP
支払い情報を入力
STEP
審査

申し込みが完了したら、審査が行われます。

審査開始は、申し込み完了日の翌営業日からです。金曜日もしくは土曜日に申請した場合は、月曜日に審査となります。

審査において確認事項がある場合は、登録したメールに連絡が来ることがあります

こびぃ

審査に無事合格したら、登録したメールアドレスに契約成立の案内メールが届くよ!

モバイル保険契約おわり
契約成立のメール

マイページにログインできるようになっていますので、登録内容に誤りがないか確認しましょう。

モバイル保険の審査は遅いのか?

モバイル保険の口コミや評判、メリットを調べていると「モバイル保険の審査が遅い・審査結果が来ない」という検索ワードがでてきます。

こびぃ

ボクはモバイル保険に申し込んで、次の日に審査結果が届いたよ!

モバイル保険契約おわり

前日の朝にモバイル保険を申し込んで、次の日の夕方頃に審査結果が届いたので、平日営業日であれば翌日か遅くても翌々日には審査結果がくるはずです。

もし、審査が届かないようなら公式ページより問い合わせをしましょう。

著者はモバイル保険でMacBookやiPhoneやApple Watchの保険登録をしている

Apple製品持ちなので、過去はApple Care+一択でしたが、現在はずっとモバイル保険にお世話になっています。

理由は、スマホ保険6社の中でも圧倒的にお得で良心的だから。

著者のモバイル保険ログインページ

モバイル保険ログインページ
最近購入したiPhone 13 ProMacBook Pro 14インチ M1 Pro

モバイル保険は、端末を新たに購入したら、今までの端末から登録しなおすこともできます。

さらに必要に応じて「副端末⇨主端末」の切り替えができます。例は以下のとおり↓↓

Apple Watchを購入して主端末にしていたけど、より高額なiPhoneを新たに購入したから、主端末をiPhone・副端末をApple Watchに切り替える。

上記の通り、小回りが効く保険でなおかつ手厚いサービスです。

これまでボクもでトラブルはなしです!昔、Apple Care+に高額払っていたのが本当にもったいなく感じますね…

こびぃ

『MacBook、iPhone、iPad』で入っているモバイル保険!同時に3台入れて月額700円と超良心的でずっと気に入ってる!

>>

モバイル保険の評判・口コミ情報!メリット・デメリット・補償範囲【まとめ】

最後に本記事で紹介したについてまとめます。

モバイル保険のメリット

iPhone持ちの方が最も迷うApple Care+と比較すると、かなり良心的で充実した補償内容になっています。

比較した結果が気になる方は以下の記事を参考にどうぞ。

>> Apple Care+とモバイル保険を徹底比較してみた【結果:モバイル保険が優秀】

モバイル保険
出典:モバイル保険

1年以内に購入したデバイスなら、1つの保険で3台も補償できます。

よくあるキャリア系の端末保険だと、故障/修理時に自己負担の持ち出しが発生して、結局数千円取られますが、モバイル保険だとそんなことは一切ありません。

複数の端末を所持していて、保険を1つにまとめ、お得で安全な保険をさがしているなら一度モバイル保険をチェックしてくださいね。

>>

  • 月額700円で3台補償
  • 故障・修理時の自己負担金は0円
  • 手続きがラク

\月額700円で新型もOK!/

1年以内の購入端末も3台までOK!

>>

モバイル保険の評判・口コミ情報!メリット・デメリット・補償範囲を徹底解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次