\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

SpinFit SuperFine レビュー|密閉度を高め音場を広げるAirPods Pro初代・第2世代の取替イヤーピース

SpinFit SuperFine レビュー|密閉度を高め低音持ち上げるAirPods Pro初代・第2世代のイヤーピース

AirPods Proの交換用イヤーピースSpinFit(スピンフィット)の「SuperFine」をご提供いただいたのでレビューを書いていきます。

結論からいうと、AirPods Proと一緒に買うべきアクセサリーとしてもおすすめできる製品でした。

良いと感じた理由をまとめると、密着性が高く装着時の違和感が減り、長時間使用しても蒸れにくく音場が広がり臨場感増すサウンドになったため。

こびぃ

特にAirPods Proを長時間つけても耳が湿ることなくなったし、痒い!みたいな症状もほぼなくなったのが最高!

純正AirPods Proのイヤーピースに不満がある人、フォーム素材のイヤーピースが苦手な人は本記事をぜひ参考にしてください。

このような方におすすめ

  • AirPods Proの純正イヤーピースのサイズが合わない
  • AirPods Proの純正イヤーピースは長時間使用すると痒くなる
  • AirPods Proの密閉度を高めて音質改善を図りたい
SpinFit SuperFine
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 湿りにくい
  • 音場が広がる
  • 異物感が少ない
デメリット
  • サイズをどれ買うか迷う

>>その他サイズはこちらから

スポンサーリンク
目次

SpinFit SuperFine レビュー【どんなイヤーピース?】

医療用シリコンを使用している耳に優しいイヤーピースのSpinFit SuperFineがどんなイヤーピースなのか特徴とスペックをまとめました。

特徴

特徴
  • アレルギー反応がでにくい医療用シリコン素材を使用
  • 耳が痒くなりにくく長時間装着しても快適
  • カラー毎に異なるサイズ感
  • メッシュフィルター搭載で音質向上
  • AirPods Pro純正イヤーピースより密閉感が高まる

クリアな見た目で清潔感あふれるSpinFitのSuperFineは、見た目の良さだけでではありません。

特徴のとおり、実用性・機能性向上にも一役かってくれるAirPods Pro専用のイヤーピースということがわかります。

スペック

商品名SpinFit
SuperFine
素材医療用シリコン
サイズSS/S/M/ML/L
価格1,980円

SpinFit SuperFineの開封レビュー

SpinFit SuperFineの開封時のレビューをサクッと書くので、付属品や本体デザイン、さらには装した感じを参考にしてください。

パッケージ付属品

SpinFit SuperFineのパッケージ
SpinFit SuperFineのパッケージうら
ブルーはMサイズ

パッケージはサイズとカラーがわかりやすく表示されているので、ひと目見て何サイズかわかります。

付属品はなしでSpinFit SuperFine本体と取扱説明書です。

本体外観デザイン

SpinFit SuperFineの本体デザイン
SpinFit SuperFineの高さ
SpinFit SuperFineの本体

本体外観デザインは、きれいなクリア素材にパステル系のカラーで内側をカラーリング。

サイズごとにカラーがわかれています。

サイズごとのカラー表記

スピンフィットのサイズ
  • L→黄
    サイズ:直径13mm / 高さ6.7mm
  • ML→緑
    サイズ:直径12mm / 高さ6.7mm
  • M→青
    サイズ:直径11.5mm / 高さ6.7mm
  • S→赤
    サイズ:直径11mm / 高さ6.5mm
  • SS→紫
    サイズ:直径10.6mm / 高さ6.4mm

AirPods Pro純正のイヤーピースと比較

SpinFit SuperFineのほうが低い

高さがAirPods Pro純正よりSpinFit SuperFineのほうが1mmほど低いです。これにより異物感を感じにくくなっています。

ノーマルとSpinFit SuperFineを付けたAirPods

ケースに入れた状態も一回り小さくなります。

SpinFit SuperFineとノーマルの比較

小さいからといって、ケースからAirPods Pro本体が飛び出やすいかというと、全くそんなことなく通常どおり使用可能です。

イヤーピース取替方法

AirPods Proのイヤーピースの取替方法はいたってシンプル。

AirPods Pro 第2世代のイヤーピース交換方法
①AirPods Proのイヤーピースをつまむ
AirPods Pro 第2世代のイヤーピース取り外し
②イヤーピースを抜く
SpinFit SuperFineをとりつけ
③SuperFinを取り付ける
SpinFit SuperFineを押し込む
④SuperFineは押し込むだけ
SpinFit SuperFineを装着完了
⑤完成

このとおり、ものの1分程度で取り替えれます。

装着した感じ

SpinFit SuperFineを装着した感じ

サイズが合うと密閉感・密着感が向上して、先述したとおり、快適性UP+音場の広がりを感じます。

パッシブノイズキャンセリング向上

この密着感のおかげでパッシブノイズキャンセリングも向上していて、体感ですがANC(アクティブノイズキャンセリング)をオフにしても外音を10%以上低減しています。

パッシブノイズキャンセリングとは

物理的な設計からくるフィット感によって雑音を低減すること。

装着と脱着も心なしか楽になった

もともと純正のAirPods Proのイヤーピースに難があるわけではないですが、SpinFitのSuperFineをつけるだけで脱着・装着がより楽にできるように体感しています。

装着時はピタッと耳穴に吸い付くように収まり、脱着時はヌルっスッと力感なく抜くことができるイメージですね。

サイズ次第では臨場感をより感じる

メリットでも書きましたが、AirPods Proの低音がやや持ち上がるため、より臨場感あふれるサウンドを体験できます。

音の好みは人それぞれですが、音の全体的な輪郭を楽しみたい人ならバランサーの役割を果たすSuperFineは装着して損はしません。

MLかMで悩みに悩んだがMにした

SpinFit SuperFineMLとMサイズ

ボクはAirPods Pro 第2世代を普段Mサイズで使用しているので、SuperFineもMサイズがちょうどかな?と思って使用したのですが、MLも同時に装着すると「ん?あれ?どっちも良いぞ」となって嬉しい悩みが出てしまいました。

SpinFit SuperFineL
SpinFit SuperFineMLサイズ

結果的に言うと、Mサイズを使用しています。ぶっちゃけMLでも問題ないくらい。どっちでも良いんですけど、いつもMだしMにした。ただし、Lは大きかった。

シリコン部分の伸縮性と吸着性が高いため、MとMLの0.5mmサイズの違いはあってないような感じがします。

分離して買い替えできる

SpinFit SuperFineは買い替え可能
シリコン部分の買い替えが可能

SpinFit SuperFineの本体がヘタっても、全てを買い直す必要はありません。

部分的にとりはずして、必要なパーツ(シリコン部分)を購入できるようになっています。長期間使用してヘタったとしても安心できるのはAirPods Pro愛用者からすると嬉しいポイント。

SpinFit
¥1,780 (2024/06/17 22:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

SpinFit SuperFineのメリット

実際にAirPods Pro 第2世代にSpinFit SuperFineを使用してわかったメリットをまとめました。

メリット
  • 耳が湿りにくい
  • 音場が広がる
  • 異物感が少ない

湿りにくい

これはボクだけなのかわかりませんが、AirPods Proを長時間装着すると耳が汗ばむというか蒸れて湿っぽくなるんですよね。これの不快感がまぁまぁすごい。

なので、長時間使用するときはインナーイヤー型のAirPods 第3世代や骨伝導ワイヤレスイヤホン(Shockz)やデスク付近ならオープンエアー型ヘッドホンのゼンハイザーHD 599 SEを使用してました。

SpinFit SuperFineを長時間装着しても湿りにくい
長時間でも蒸れずに快適

ところが、SpinFitのSuperFineつきAirPods Proに変更してから、数時間だと気にならなくなったんですよね。これは普通に想像以上によかった。

AirPodsアクセサリーでもおすすめしているコンプライのイヤーピース(フォーム素材)に取り替えたときも長時間だと蒸れてしまっていたので。

快適さ+音質を求める環境のときはAirPods Proメインに切り替えれたことが最大の導入メリットです。

でも密閉度と密着感は向上する

蒸れにくい湿りにくいと聞くと、それは耳にフィットしてないからじゃないか?と思う人もいるでしょう。いえ、しっかりフィットした状態での話なんです。

AirPods Pro 第2世代のイヤーピースを握った感じ
純正イヤーピース
SpinFit SuperFineを握った感じ
SpinFit SuperFineのほうが肌に吸い付く感じがある

指で純正のAirPods Proのイヤーピースとつまみ比べるとわかるのですが、SpinFit SuperFineのほうが肌に吸い付くんですよね。比較すると明らかに違いがわかるレベルです。

それでいて、蒸れ+湿っぽくなりにくいので、耳の快適性が完全に向上して耳の中が常に清々しい…

音場が広がる

SpinFit SuperFineのメッシュフィルター
高級イタリア製のメッシュフィルター

SpinFit SuperFineは高級メッシュフィルターを使っていて音質があがるとのフレコミでしたが、自分は音場の広がりの向上をより強く感じました。

これはフィルター部分の影響もあるでしょうが、一番は密閉度が高まったことにより、音が逃げなくなったことによるものでしょう。おかげでノイキャンの効きも強くなったようにも思います。

あと音質は向上というより、低音が全体的に持ち上がっている印象を受けました。

低音が持ち上がる

AirPods Pro 第2世代は初代と比べると、低音が持ち上がったもののそれでもやや弱く感じていました。

SpinFit SuperFine装着後のAirPods Proでは、低音が強調されるというより、足りない部分を補ってくれてるイメージで低音が持ち上がっています。

こびぃ

装着感のみならず、AirPods Pro本来持っているスペックをより引き出してくれている印象を受けて、大満足のイヤーピース!

異物感が少ない

SpinFit SuperFineの柔らかさ

医療用グレードのソフトシリコンかつ特許取得している3Dクッション構造が耳への異物感を限りなく低減してくれています。

イヤホンを装着するときは多少なりとも異物感を覚えるものですが、SuperFineは付けてるのを忘れるとまでは言わないものの、装着ストレスが低減されます。

SpinFit SuperFineのほうが低い
左:SpinFit SuperFine
右:AirPods Pro純正イヤーピース

※SpinFit SuperFineのほうが高さが1mmほど低い

異物感が少ない理由には、材質以外にも純正イヤーピースよりそもそも高さが低いことも関係してそうです。

SpinFit SuperFineのデメリット

SpinFit SuperFineを使用してわかったデメリットをまとめました。

デメリット
  • サイズをどれ買うか迷う

サイズをどれ買うか迷う

SpinFit SuperFineのサイズ別のカラー

カラーごとにサイズが違う

SpinFit SuperFineを使っていて、デメリットを感じないのですが、唯一あげるとしたらサイズはどれを買うと良いかわかにくい点でしょうか。

AirPods Pro本体を購入時は復数サイズが付属しているため、色々サイズを選んで試してから装着しますよね、それができません。

ただ目安としてですが、AirPods Pro本体のイヤーピースを選ぶ感覚で問題ないです。

例えば、今AirPods Proの純正イヤーピースMサイズをつけてるならMサイズのSpinFit SuperFineを買って問題ない感じです。

こびぃ

純正のMサイズだと小さい、でもLだと大きい!って人用に、SpinFit SuperFineはMLサイズも展開しているよ!

SpinFit SuperFine レビュー【まとめ】

SpinFit SuperFine レビューを書きました。

SpinFit SuperFine
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 湿りにくい
  • 音場が広がる
  • 異物感が少ない
デメリット
  • サイズをどれ買うか迷う
  • AirPods Proのイヤーピースが合わない
  • AirPods Proの純正イヤーピースは長時間使用すると痒くなる
  • AirPods Proの密閉度を高めて音質改善を図りたい

SpinFit SuperFineは、上記の方におすすめできるイヤーピースでした。

医療用シリコン+メッシュフィルターがつけ心地の改善と音質向上という両軸でいい仕事をしてくれるイヤーピースです。

価格もそこまで高くなく、お試しできる価格帯なのでAirPods Proのイヤーピース難民は一度使ってみてください!ではまた!

>>その他サイズはこちらから

SpinFit SuperFine レビュー|密閉度を高め低音持ち上げるAirPods Pro初代・第2世代のイヤーピース

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次