\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

ESR HaloLock Geo Wallet Stand レビュー|iPhone探すとMagSafeに対応した4-in1MagSafeウォレットスタンド

ESR HaloLock Geo Wallet Stand レビュー|iPhone探すとMagSafeに対応した4-in1MagSafeウォレットスタンド

本記事はESRのHaloLock Geo Wallet Standのレビュー記事です。

近年のESRといえばHaoLockシリーズが、痒いところに手が届くギミックを搭載していて、新製品が出る度にワクワクするメーカーの1つ。

今回の製品「HaloLock Geo Wallet Stand」も4-in-1仕様という、これまでのMagSafe対応ウォレットやスタンドにはなかった汎用性の高い万能アイテムとして登場しました。

iPhoneとESRウォレットスタンド

iPhoneのMagSafe対応アクセサリーの代表と言っても過言ではない、「ウォレット・スタンド」の次世代タイプをこの記事で紹介していきますね!

※本製品は2023年6月中に日本のMakuakeでもクラウドファンディングを実装予定です。

HaloLock Geo Wallet Stand
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ただのMagSafeウォレットではなく4-in-1という稀有な存在
  • ビルドクオリティが高い
  • スタンドに自由度あり
  • iPhone探す対応でカード紛失防止にもなる
デメリット
  • グリップ部分のアクセスが基本両手になる
  • 磁気部分が縦スタンド状態対応にもなると便利だった
ESR
¥5,999 (2024/06/19 03:02時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

本記事はメーカー様から提供いただき作成しています。

お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

スポンサーリンク
目次

ESR HaloLock Geo Wallet Standの特徴

クラウドファンディングサイトの2023年の5月までキックスターターで応援購入できたESR HaloLock Geo Wallet Standの特徴は以下のとおり。

特徴
  • MagSafe対応の次世代ウォレット4-in-1タイプ
    • 安定感抜群の縦横対応スタンド
    • 珍しいiPhone探す機能を搭載
    • グリップ機能搭載
    • カード3枚収納可
  • 高級質感のフェイクレザー

これらの特徴も含めて本記事で紹介していきますね。

ESR HaloLock Geo Wallet Standの開封レビュー

ESR HaloLock Geo Wallet Standの付属品やデザイン、iPhone探すの初期設定などを含めて開封レビューしていきます。

パッケージ付属品

ESR MagSafe対応Geo Walletのパッケージ外側
ESR MagSafe対応Geo Walletはガッツリ付属品入ってる

ESRらしい緑とホワイトのブランドカラーを採用していて、中の梱包までしっかりした厚紙で製造されています。

付属品
ESR MagSafe対応Geo Walletの付属品
  • ESR HaloLock Geo Wallet Stand本体
  • 充電ケーブル USB-C(iPhone探す用の充電)
  • 取り扱い説明書
ESR MagSafe対応Geo Walletの付属時期ケーブル

付属の充電ケーブルがType-Cで入っています。これ無くすと本ウォレットスタンドを使用できなくなるため、なくさないように注意が必要。

外観デザイン

ESR MagSafe対応Geo Walletのウォレット表面素材
フェイクレザー×メタル留め具
ESR MagSafe対応Geo Walletのレザー部分
レザーの質感はザラッとしてる

フェイクレザーはツルツルしてて「いかにも!」みたいなレザーじゃなく、本物質感に寄せたリアルフェイクレザー。

留め具の金属部分は、ヘアライン加工が施されているので、傷などにも強いタイプです。

ESR MagSafe対応Geo Walletのウォレット内側
裏面はMagSafeマグネット搭載
ESR MagSafe対応Geo Walletの磁気部分
内側に充電ケーブルをくっつける磁気あり

充電部分は付属の専用ケーブルで充電する必要あり。

厚みはそこそこある

ESR MagSafe対応Geo Walletの本体のみ厚み

薄型タイプのスタンドではないので、厚み自体は1cm近くあります。ただ、重量は軽いのでそこまで気にならない厚み。

グリップ部分はレザーストラップを引っ張るだけ

ESR MagSafe対応Geo Walletの下部は動かせる
グリップ展開前
ESR MagSafe対応Geo Walletの下部メタル部分を動かすとリングかわりになる
グリップ展開後
ESR MagSafe対応Geo Walletのスタンド状態を作る
グリップ部分に空間ができる(勝手に空間を閉じることなし)
iPhoneをバンカーリング変わりに
指一本でiPhoneを支えれる

グリップを立たせて、指を通すだけでiPhoneの落下防止になります。使い勝手は、「簡単に落ちない」ので使い勝手良し!

ただし、グリップを展開する時に片手だとやや硬いので、両手で展開する必要ありなのがデメリット。

ウォレット部分はカードは3枚収納

ESR MagSafe対応Geo Walletのカード収納部分
カードは上部から入れれる
ESR MagSafe対応Geo Walletのカードを出し入れする部分
下部はカードを押し出しやすい用に切り込みあり

カードは合計3枚も収納可能。同様の形状だと2枚までのモノも結構あるけど、収納枚数が1枚多いだけで随分と使い勝手が良くなる。

ボクは、免許証・クレカは必ず入れてて、これまでは紛失防止タグのAnker Eufy Security SmartTrack Cardのようなものを入れてたが、本機はiPhone探すに対応してるので1枚余力ができた。

スタンド内側は「iPhone探す」電源ボタンあり

ESR MagSafe対応Geo Walletのスタンド電源部分
内側下部に電源ボタンあり
ESR MagSafe対応Geo Walletの内側素材
内側上部の裏面に各種認証マーク

スタンド内側は柔らかい素材でiPhoneから裏側に指を通しても、滑り止めのような作用が働いて、滑り落ちにくい素材。

iPhoneに装着した感じ

iPhoneにケースなしで強力にくっつく
iPhone 14 Proに装着した状態
ESR MagSafe対応Geo Walletの厚み
厚みはiPhoneよりある

MagSafe搭載のiPhone(iPhone 12以降)だと、なんら問題なく装着可能。

マグネットの磁気も強く、Apple純正の磁力より高いため、不意に外れにくくなってます。

iPhoneとくっつけるとより厚みを感じるので、絶対薄くないと嫌だ!って人にはおすすめできないかも。ただ厚みのデメリットを上回るメリットを多く感じる製品です。

スタンド状態(縦)

iPhoneをスタンドにする
スタンドの安定感は抜群
ESR MagSafe対応Geo Walletのスタンド状態
背面から見ても変にしなっている部分などなし

スタンド状態は自由に調整がきくので、iPhoneの使用方法に応じて角度を決める立ち回りが可能。

こびぃ

スタンドは横向きで使うこともできるよ!

スタンド状態(横)

スタンド横向き表
横向きもフローティングモードで使用可能
スタンド横向き
前後揺らしても倒れない

横向きも縦向き同様に揺れに強いため、簡単には倒れないので、動画を見ながら操作したりブラウジングをしながら操作してもストレスフリー。

ケースはiPhone MagSafe対応ケースなら問題なし

MagSafe対応ケースなら使用できる

「PITAKAケース」や「」MagSafe対応ケースなら、iPhoneにケースを装着してても使用に問題なし。

サイズ重量

ESRサイズ
ESR MagSafe対応Geo Walletの重量84g

iPhone 14 Proや無印iPhoneにちょうど収まるサイズ感で、重量も100gを切る84gで装着していてもそこまで気にならない重さ。

サイズ重量
  • サイズ:10.2×1.3×6.4(cm)
  • 重量;84g

3ヶ月に一度充電が必要で満充電時間は約90分

ESR MagSafe対応Geo Walletは付属ケーブルをくっつけるだけで充電可能

付属のUSB-C 充電ケーブルを磁気部分にくっつけると充電できます。

充電スパンは3ヶ月に一度で、充電通知があれば充電しましょう。充電時間は約90分なので、すぐに満充電できます。

iPhone探すの設定方法

ESR HaloLock Geo Wallet Standはウォレットスタンドでは珍しい「iPhone探す」に対応していますが、これには簡単な初期設定が必要です。

手順はこちら↓

iPhone探すの初期設定方法

  • 手順①:HaloLock Geo Wallet Standの電源ボタンを長押し
  • 手順②:iPhone探すアプリからデバイスを探すの「+」を選択
  • 手順③:その他持ち物を追加を選択
  • 手順④:ESR HaloLock Geo Wallet Stand
電源ボタンを押す
手順①
iPhone探すを押す
手順②
その他の持ち物を追加する
手順③
接続ボタンを押す
手順4

iPhone探すの感度良し

iPhone探すの感度良し

iPhone探す機能が搭載されても、精度が低ければ喜べません。

そこで本機の精度についてですが、AirTagのような概ねApple純正iPhone探す機能と同じものと捉えて問題ありません。

ESR HaloLock Geo Wallet Standのメリット・デメリット

ESR HaloLock Geo Wallet Standを約2週間ほど使用してみてわかったメリット・デメリットをまとめました。

メリット

ESR HaloLock Geo Wallet Standのメリットは4つありました。

メリット
  • ただのMagSafeウォレットではなく4-in-1という稀有な存在
  • ビルドクオリティが高い
  • スタンドに自由度あり
  • iPhone探す対応でかカード紛失防止にもなる

ただのMagSafeウォレットではなく4-in-1という稀有な存在

4-in-1

ウォレットの中にカード最大3枚収納可能
カード3枚収納
iPhoneをスタンドで使用
iPhoneをスタンド化
iPhoneをグリップで持つ
グリップで落下防止
iPhone探す対応
iPhone探す対応

ESR HaloLock Geo Wallet Standの最大の武器は、この4-in-1という点。

MagSafeアクセサリーのウォレット・スタンド系は数多く存在していますが、未だに4-in-1というのは見たことがありません。本機が初です。

いろんなアクションが可能で、シームレスなアクセスを可能にする本アクセサリーはiPhoneアクセサリーの中でもかなり貴重な存在です。

ビルドクオリティが高い

ESR MagSafe対応Geo Walletはハリのあるレザー

レイクレザーの質感の良さはもちろんのこと、シーム・留め具のメタル部分、カード収納ポケットなどいずれもハイクオリティに仕上がっています。

ESRはかれこれ7年以上前から使用していますが、年々質感を高めていて、高級ブランドのような品質を提供しつづけてくれていてApple好きとしてはありがたい存在。

スタンドに自由度あり

HaloLock-Geo-Wallet-Standのスタンドの角度

この手のMagSafeスタンド 兼 ウォレット(カード入れ)系は、スタンドが縦・横対応の物が多いのですが、ESR HaloLock Geo Wallet Standはさらに一歩進み、角度の自由度が高いです。

特に縦置き時は80℃〜170°くらい開くことが可能で、好みの角度でiPhoneを楽しめます。

iPhone探す対応でカード紛失防止にもなる

これまでiPhoneのMagSafeアクセサリー定番のウォレットやスタンドを使用していた人はカードを収納するけど、落としたら怖い…みたいな感覚あったはず。

iPhone探すに対応してくれたことにより、この恐怖から開放されます。

カードを入れたままもしESR HaloLock Geo Wallet Standを紛失しても探し出すことができるから。リスクを解消する上で、この上ない機能を搭載してくれました。

デメリット

ESR HaloLock Geo Wallet Standのデメリットは2つありました。

デメリット
  • グリップ部分のアクセスが基本両手になる
  • 磁気部分が縦スタンド状態対応にもなると便利だった

グリップ部分のアクセスが基本両手になる

HaloLock-Geo-Wallet-Standのグリップ部分

ESR HaloLock Geo Wallet Standは4-in-1タイプなので、グリップ機能も搭載していて、バンカーリング的な使い方もできます。

ただ、このグリップ機能を展開する時のアクセスが若干面倒に感じました。

iPhoneのアクセサリーでも大人気のMOFTスタンドは、片手で簡単にグリップ 兼 スタンド部分が展開できるので、このラクさになれていると若干煩わしさを感じるのは否めません。

磁気部分が縦スタンド状態対応にもなると便利だった

iPhoneスタンド横向きで充電はできる
スタンドで横向きは充電可
横から差し込めない
スタンドで縦向きは充電不可

ESR HaloLock Geo Wallet StandはiPhone探すに対応しているからこそ、充電が必要。この充電する時にiPhoneにくっつけた状態だと横向きスタンドでしか充電できません。

とはいえ、充電する頻度は少ないので、ハッキリ言って個人的には気にならないのですが、気になる人もいるかと思いデメリットに挙げました。

ESR HaloLock Geo Wallet Standはこんな人におすすめ

4-in-1タイプのESR HaloLock Geo Wallet Standがどのような人におすすめできるかまとめます。

こんな人におすすめ
  • ウォレット 兼 スタンドのMagSafeアクセサリーがほしい
  • 紛失リスクを極力下げたい
  • 全体的にクオリティの高いウォレットスタンド(4-in-1)を使いたい

コスパがどうとかってより、製品自体のクオリティを求めたり汎用性の高いMagSafeアクセサリーを探している人にめちゃくちゃおすすめできるのがESR MagSafe対応Geo Walletです。

ESR HaloLock Geo Wallet Standのレビュー【まとめ】

ESR HaloLock Geo Wallet Standのレビューでした。

HaloLock Geo Wallet Stand
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ただのMagSafeウォレットではなく4-in-1という稀有な存在
  • ビルドクオリティが高い
  • スタンドに自由度あり
  • iPhone探す対応でカード紛失防止にもなる
デメリット
  • グリップ部分のアクセスが基本両手になる
  • 磁気部分が縦スタンド状態対応にもなると便利だった

これからMagSafe対応のスタンドやウォレットを探している方は、第一候補にして間違いないと言えるiPhoneアクセサリーでした。

まだキックスターターで応援購入できるので、気になる方はぜひ商品ページを確認してくださいね!ではまた!

ESR
¥5,999 (2024/06/19 03:02時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

あなたにおすすめのiPhone関連記事

ESR HaloLock Geo Wallet Stand レビュー|iPhone探すとMagSafeに対応した4-in1MagSafeウォレットスタンド

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次