POKITTER Relaks レビュー|初めて買うなら手を出しやすいコスパ良しのAndroid TV10搭載プロジェクター

ポキったープロジェクター

プロジェクターってピンキリですよね。

  • 5万円台でちゃんと使えるプロジェクターほしいな
  • はじめて買うけど失敗したくないな

このような人には本記事で紹介するPOKITTER Relaksを選択肢の1つとして推奨できます。

Pokitter
¥39,400 (2024/07/14 15:43時点 | Amazon調べ)

本記事はPOKITTER様より製品提供いただき作成しています。

スポンサーリンク
目次

POKITTER Relaksの製品概要

早速POKITTER Relaksの「特徴」「スペック」を紹介していきます。

特徴

特徴
特徴
  • 解像度1920×1080
  • 明るさは400 ANSIルーメン
  • 5,000以上の高品質アプリに対応
  • 最大150インチでの視聴が可能(投影サイズは自由に変更)
  • 自動台形補正機能を搭載
  • デュアル10Wで迫力サウンド
  • スマホ画面をScreenへ投影できる

実際に使ってみるとPOKITTER Relaksは、これで50,000円台?って感じるほど。

POKITTER Relaksがすごいのか、時代がそんな時代になったのか、いずれにせよコスパに優れたプロジェクターであることは疑う余地なしです。

スペック

サイズ21 x 14 x 17cm
重量約1.5kg
解像度1920×1080
コントラスト比3000:1
投影可能サイズ40-150インチ
光源LED
明るさ400ANSIルーメン
OSAndroid TV10.0
Wi-Fi2.4G / 5GHz 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth5.1
オートフォーカス
台形補正自動台形補正
ファンノイズ25db以下
スピーカー2 x 10W
Hi-Fi
端子HDMI 1.4
USB 2.0
AUX
保証期間1年
価格約55,800円

POKITTER Relaks レビュー

パッケージ

ここからPOKITTER Relaksのレビューをしていきます。

付属品

梱包しっかりしてる
精密機器向けに緩衝材を上下にいれてしっかり梱包

ACアダプターはリモコンくらいの小ぶりなサイズ感で、狭い場所にも設置しやすいタイプ。

リモコン
専用リモコンつき

リモコンはシンプルなボタンのみで、Fire TV Stickのリモコンみたいなデザイン。背面に単4電池を2つ入れて使います。

こびぃ

Netflix公式ライセンス認証を受けてますよ!

付属品
付属品
  • プロジェクター本体
  • 電源ケーブル
  • 電源ACアダプター
  • リモコン
  • 取扱説明書
  • 保証書
説明書日本語対応
説明書は日本語対応

外観デザイン

本体正面

シルバーアルミ筐体で、見た感じザ・プロジェクターで、ガジェット感は強いため、室内に馴染みやすいかというとインテリアを選ぶかと。

正面の中央

中央には自動調整してくれるオートフォーカスセンサーを搭載しています。

斜め

側面はアルミ筐体のみ。硬質ですが鋭利な部分もなく安全に使えます。

上部ボタン

上部には各種ボタンが設置されていてるため、リモコンが手元になくても基本操作がここからできます。

底面ゴム足

底面は4点ゴム足があり、すべりにくく固定して使用できます。

中央に1/4インチ穴を備えているため、プロジェクター用スタンドやその他代替スタンドが使用可能。※耐荷重は2.5kg以上のスタンドが対応

背面

背面には各種ポートを搭載。次項にてチェックします。

各種ポート

本機のポート

左から

  • DC電源入力
  • USB-A
  • HDMI
  • 赤外線受信
  • AUX

です。

USBとHDMI

HDMIは1.4、USBは2.0対応です。

USB

PCで動画管理している人はUSBをつなぐだけで動画が見れます。フォーマットの対応OSは以下のとおり。

  • FAT32
    →Mac OS X/macOS、Windows、Linux、DOSを含むほぼ全てのオペレーティングシステムと互換
  • NTFS
    →Windowsのみ

サイズおもさ

サイズ重さ
片手で持てるくらい軽い

サイズは、約21×14×17cmで、長辺がペットボトル(500ml)と同じサイズ感。

おもさは、約1.5Kgです。

持ち運びやすい小ぶりタイプでコロンとしていて、出しっぱなしではなく収納もしやすいサイズ感。

画質は最大1920×1080

画質キレイ
きれいな画質

FHD対応〜のプロジェクターってだけで、エントリーモデルのプロジェクターと比較して、目に見えてわかるレベルできれいな画質と発色を実感できます。コントラストはくっきりしてるので陰影もしっかりついてる。

人のシワ

人のシワや精密機器の小さいパーツまで確認できるほどの画質があるので、「はじめてプロジェクターを買う人」や「ライトユーザー」は感動するレベル

こびぃ

このレベルがたった5万円で買えるようになったんだな〜すごいな。

明るさ400 ANSIルーメン

そもそもANSIルーメンとは、プロジェクターやディスプレイの明るさを表す単位です。細かく言うとルーメン表記との違いなどもありますがここでは割愛します。

本機は明るさ400ANSIルーメンになってます。

この数値は、プロジェクターとしては突出しているわけではないですが、暗所で見る分には問題ありません。以下を参考にしてください。

400 ANSIルーメンを環境別に明るさチェック

暗い部屋
夜や暗い室内

夜や暗い室内だと、コントラストもくっきりしていて色域も広いため、ライトにYouTubeをたのしんだり本格的な映画鑑賞ができます。

5万台って考えると冗談抜きで発色いいですね。

カーテンあり
日中で遮光カーテンあり

遮光カーテンあり(ほぼ透過しない)だと暗い部分と明るい部分との違いはわかるものの、全体的に見に行い印象を受けます。

軽く映像を流す程度ならありですが、じっくり楽しむにはやや力及ばずといったところ。

日中カーテンなし
日中で遮光カーテンなし

日中のカーテンなしは正直見れたレベルではないです。

ただ、5万円のプロジェクターと考えると妥当っちゃ妥当ですね。これ以上求めるならハイエンドモデルを購入すべきだと思います。

夜や暗い室内はっきりとキレイに見える
日中カーテンあり室内見づらい
日中カーテンなし室内厳しい

日中は光の入り方で変わりますが、太陽光がそこそこ入るのなら遮光カーテンがあっても、カーテンなしレベルで映像を楽しむには困難な状況になると思います。

日中でも文句なしの画質や明るさを求めるなら、「雨戸」を締めたりして室内を暗くする必要あり。

最大150インチまでサイズ調整可能

本機は簡単に投影サイズを自由に変更できます。

サイズは40〜150インチで、投影距離に依存するので必ずしも自分好みのサイズにできるかは環境によりけりです。

投影距離とサイズの関係性は以下を参考にどうぞ。

スクリーン
サイズ

(cm)
高さ
(cm)
距離
(cm)
40
インチ
88.649.8108.4
60
インチ
132.874.7162.1
80
インチ
177.199.6216.1
100
インチ
221.4124.5270.1
120
インチ
266.7149.4324.1
150
インチ
332.1186.8405.1
こびぃ

自分が設置したい場所から投影する壁やスクリーンまでの距離と幅と高さをチェックしていた方がいいですよ。

自動補正機能

POKITTER Relaksは、プロジェクターで楽しむには必須の機能になった「自動台形補正機能」やフォーカス機能といった自動生機能が備わっています。

どちらも難なく使えて操作性も問題ありませんでした。

自動台形補正機能

自動補正
 台形補正

設定から台形補正設定で、「電源入れたときに自動修正するかどうか」「プロジェクターの位置が変わる度に自動修正するかどうか」などを設定できます。

台形補正の挙動はこんな感じ

動画の中では2度ほどむりやり斜めに設置してみましたが、すぐにまっすぐに修正されているのがわかります。この感度も高くてストレスなし。

画面に投影する角度が斜めからだったり、映像出力中にプロジェクターを移動しても動的にしっかり水平方向に対応してくれますよ。

四店補正
4点補正

自動補正後に微調整するときは4点補正から調整できます。

フォーカス機能

フォーカス調整
もしフォーカスがずれても調整できる
リモコン左下
中心に調整リング出る
リモコンのフォーカス調整ボタン(一番左下)を押すとリングがでて調整できる
フォーカス
フォーカス調整完了でくっきり表示

上述のとおりフォーカス機能で調整できますが、このクラスのプロジェクターはフォーカスがブレたり、ズレたりしないのでほぼ使わないと思います。

こびぃ

1週間くらい使ってて一度もズレたりしなかったからこの機能

無線ミラーリング

Android TVの利点でもあるChromecastが標準搭載されているためスマホの動画をワンタッチで大画面に投影できます。

こびぃ

iPhoneのAirPlayにも対応してます

音質

本機はデュアル10Wで迫力サウンドとのことですが、正直感動するレベルではなく、臨場感を楽しむにはやや物足りない印象。

音量上げると割れる感じあるので、そこまで期待しないほうが良いです。

音質は普通

本格的なムービーシアター環境を目指したい人は、安くてもいいのでサウンドバーなどを準備することをおすすめします。

ヤマハの音がキレイ
2万円出すだけでも世界かわる

ワイヤレスイヤホンやヘッドホンも対応

edifire

設定からワイヤレスイヤホン・ヘッドホンへ接続切り替えもできるので、手持ちの環境で音質を改善したい場合や夜の騒音問題もこれで解消です。

こびぃ

手持ちのワイヤレスイヤホンでいくつかためしたけどペアリングと接続安定性に問題なし。最近のイチオシはEdifier WH950NBです。

リモコンの操作性

室内ライトと一緒になったプロジェクター「ポップ イン アラジン」を操作したことがあるのですが、あれはレスポンス悪く、こうなるとプロジェクターって使わなくなりそうだなぇ。って感じた経験があるボクからするとリモコンの操作性は超大事。

リモコン感度

レスポンスも最新Fire TV Stickのリモコンくらいの感度で使いやすいです。

POKITTER Relaksの気になった点

POKITTER Relaksを数日使ってみて気になった点は以下のとおり。

気になった点

  • 明るい場所での視聴が難しい
  • 音量によってはファンの動作音が気になる

明るい場所での視聴が難しい

明るい場所

本記事で400ANSIルーメンがどれくらいの投影能力かチェックしたときにも明るい場所での投影は難しとかきましたがやっぱりこれが本機のデメリット。

明るい場所厳しい

明るいとどの角度・距離から見ても厳しいです。彩度が高く濃い部分しか視認できません。

音量によってはファンの動作音が気になる

騒音

ファンノイズが25db以下とのことでしたが、それよりうるさく感じたので測ってみるとだいたい40〜45デシベル。

そこそこ音がでるので、静かな空間で静かな映像や音楽を楽しむにはあまり向いてません。

通常の音量1/3~1/2くらいになると気にならなくなるので、普通に楽しむ分にはそこまで気にならないのでそこはご安心を。

こびぃ

ちなみに40デシベルがどれくらいかというと、一般的にはささやき声や図書館内の音と言われてます。

ミニマリストがよく言うテレビいらないプロジェクターで十分ってほんと?

これはテレビの映り以上を求めるか、それ以下でいいのか。を基準に考えると良いですよ。

多くのプロジェクターは4Kテレビより全然輝度も低いし、コントラストもパッとせず、発色もそこまで良くなく色味もぼんやりしてるものが多いです。これは間違いない。

  • 普段からテレビつけっぱなしにしない
  • 夜や部屋を暗くして映像をる
  • モノを減らしたい

このような人はテレビ<プロジェクターだと思うので、検討する価値あり。

ボクはハイエンドクラスのプロジェクターとスクリーンを所持していますが、それでもプロジェクターのみって考えられないので、上記の感覚は間違いないと言えます。

こびぃ

ミニマリストタイプじゃないなら併用がおすすめ!起動に1秒かからないのは今だとまだテレビだけの特権

POKITTER Relaksと一緒にあると便利なモノ

それはズバリ、スタンドや三脚です。

公式台座
出典:POKITTER公式
三脚

このようなManfrotto三脚とPOKITTER Relaksをくっつけるだけで角度調整や高さ調整が非常に楽になります。

ポキッターの角度調整

どこでも使いやすくなるので、本機に限らずスタンド穴がついている人は別途用意して損なしです。

iPhone(スマホ)の撮影用三脚としても使えるので、マルチに活躍できる1台。

マンフロット(Manfrotto)
¥4,776 (2024/07/12 06:16時点 | Amazon調べ)

まとめ:値段の割に高性能プロジェクターで期待して良し

POKITTER Relaks
総合評価
( 4 )
メリット
  • 5万円クラスで考えたら品質良し
  • 軽量で持ち運びやすい
  • 操作がしやすく設定もわかりやすい
  • サイズ40〜150インチの可変式
デメリット
  • 明るい場所での視聴が難しい
  • 音量によってはファンの動作音が気になる

ハイエンドモデルと比較すると「明るい時間帯の物足りなさ」は正直ありましたが、それ以外は5万円台という価格で考えると十分以上に満足できる仕上がりです。

プロジェクターを購入したいけど、10万円以上出せない人や5万円台でハズレを引きたくない人はPOKITTER Relaksおすすめですよ!ぜひチェックしてみてください!

Pokitter
¥39,400 (2024/07/14 15:43時点 | Amazon調べ)
ポキったープロジェクター

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次