M3 iMac長期使用レビュー|M1 iMacとの違い、買うべき人はどんな人かがわかる

  • M1 iMacとM3 iMacの違いは?
  • M3 iMacはどんな人が買うべき?

2023年10月のAppleイベントでM3チップの発表があり、約2年半ぶりに新機種登場となったM3 iMac。

M1 iMacを1か月レンタルしたのちM3 iMac購入したわたしが、M3 iMacの長期使用レビューを紹介していきます。

M1 iMacと比較して進化したポイント

  • PC性能
    • 最大2倍速く
  • Safari
    • 最大30%高速で見れる
  • フレームレート
    • 最大50%高速化し、光や反射がよりリアルに
  • Photoshop
    • 作業が最大2倍サクサク
  • Wi-Fi
    • 6→6E
  • Bluetooth
    • 5.0→5.3
Apple(アップル)
¥225,313 (2024/05/19 21:23時点 | Amazon調べ)
ふわり

M3チップ搭載で、万人受けするデスクトップ・オールインワンPCになったよ!

お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

※この記事は、ふわりさんの寄稿記事です。

関連 M1 iMacレビュー

関連 モノカリでM1 iMacのレンタル体験談

スポンサーリンク
目次

M1 iMacからM3 iMacはどう進化したか

見た目は同じ
M1チップ→M3チップでよりパワフルになった

M3 iMacの進化ポイント
画像:Apple

M1 iMacと比較して進化したポイント

  • PC性能
    • 最大2倍速く
  • Safari
    • 最大30%高速で見れる
  • フレームレート
    • 最大50%高速化し、光や反射がよりリアルに
  • Photoshop
    • 作業が最大2倍サクサク
  • Wi-Fi
    • 6→6E
  • Bluetooth
    • 5.0→5.3

一言で表現するなら「高速化と安定性の向上」といったところ。

WindowsのオールインワンPCで比較した場合、Intel Core i7搭載のモデルと比較して最大4倍の速さです。

オールインワンPCでは、Windowsを含めたすべてのモデルの中でトップクラスに頼れるスペックを積んでいます。

M3 iMacのスペック

購入前に確認しておきたい、M3 iMacのスペックをまとめました。

3項目2ポートのモデル4ポートのモデル
サイズ高さ46.1cm
幅54.7cm
奥行14.7cm
重量4.43kg4.48 kg
ディスプレイサイズ24インチ
画面4.5K Retinaディスプレイ
LEDバックライトディスプレイ
解像度4,480 x 2,520ピクセル
輝度500ニトの輝度
広色域(P3)
True Tone
チップApple M3チップ
CPU8コア
GPU8コア10コア
メモリ8GB
16GB
24GB
ストレージ256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
2TB
ポート類Thunderbolt / USB 4ポート x 2
※オプションでギガビットEthernet
Thunderbolt / USB 4ポート x 2
USB 3ポート x 2
ギガビットEthernet
セキュア認証ロックキー
※オプションでTouch ID
Touch ID
キーボードとトラックパッド本体カラーと同色
スピーカー6スピーカーシステム
空間オーディオ対応
マイクスタジオ品質の3マイクアレイ
カメラ1080p FaceTime HDカメラ
カラーバリエーションブルー
グリーン
ピンク
シルバー
ブルー
グリーン
ピンク
シルバー
イエロー
オレンジ
パープル
価格(税込)198,800円〜234,800円〜

M1 iMac見た目は同じで、速さ・グラフィック性能が向上したイメージです。

Apple(アップル)
¥225,313 (2024/05/19 21:23時点 | Amazon調べ)

M3 iMacレビュー:M1 iMacとの違いも比較

M3 iMacを、M1 iMacと比較しながら13の項目でレビューしていきます。

1|全体デザイン

M3 iMacの全体デザイン
M3 iMacの背面デザイン

デザインはM1 iMacと同じ。背面・スタンド部分はアルミ筐体でスタイリッシュな外観です。

M3 iMacのカラーバリエーション
画像:Apple

シルバー以外のカラーは、濃いめの色合いでポップな印象。

M3 iMacの全体デザイン

ディスプレイ周りは白いベゼルで囲まれています。

前面下部(顎部分)はシルバーは白、その他のカラーは淡めのカラーリング。「大きなiPad」という呼び名がぷったりのイメージです。

M3 iMacを横から見たところ

ディスプレイ(本体)は厚み11.5mm。この薄さの中にM3チップが収められているのがすごい。

Intel版のiMacと比べて省スペースで置けます。

2|M3チップ

M3チップ
画像:Apple

2023年10月に発表されたM3チップ。発表と同時に発売となったシリーズがMacBook ProとiMacです。

iMacに搭載されたM3チップは個人向けPCで初の3nmプロセスを搭載。より高密度な回路の実現で、スピードと省エネ性能が大きく向上しました。

スペック上は、M1 iMacと比較すると最大2倍Intel iMacと比較すると最大4倍速くなっています。

iMacはM3チップを搭載したことにより、「初心者・ファミリーユース向けのデスクトップモデル」から「頼れるオールインワンPC」に進化した印象。

3|GPU性能

GPUとは
iMac M1・M3のGPU比較
モデルOpenCL ScoreMetal Score
M3 iMac・10コア3046946729
M1 iMac・7コア1792925152

GPUは10コアのM3 iMacで上記の通り。M1 iMacは7コアでの計測値です。

M1 iMacの時から画像編集ぐらいの作業では不満がなかったのですが、10コアのM3 iMacになり、より頼もしいスペックになりました。

Instagramのリール作成などの動画編集なら、ストレスなくできそうなイメージです。

4|CPU性能

CPUとは
M1・M3 iMacのCPU比較
モデルSingle-Core
Score
Multi-Core
Score
M3 iMac311411693
M1 iMac23338272

CPUはM1・M3とも8コアでの比較です。やはりM3チップ強い。

オフィスワークメインならM1でも十分優秀で不足を感じたことはなかったですが、長期使用を視野に入れるならM3 iMacの方が断然おすすめです。

5|RAM

RAMとは
M1・M3 iMacのRAM比較

RAMはM1 iMacの8GBを使用時に物足りなさを感じたので、M3では16GBをセレクト。

Chromeでタブを50〜60開いた状態での計測値です。

サクサク動いてくれていて不満なしですが、数値で見ると「余裕あり」とは言えないかな…

マルチタスクしたい人は、予算の許す範囲で大きめの容量を選ぶほうがベターですね。

M1 iMacは最大16GB、M3 iMacは最大24GB積めます。

6|インターフェイス

M3 iMacインターフェイス

ポートは2ポートタイプと4ポートタイプの2種類。

  • 2ポート:Thunderbolt / USB 4ポート x 2
  • 4ポート:Thunderbolt / USB 4ポート x 2・USB 3ポート x 2
iMacのギガビットEthernetは充電器側にある

充電器側にギガビットEthernetのポートがあります。

4ポートモデルは標準装備、2ポートモデルはオプション対応です。

SatechiのiMac用のハブ

ポートは背面にある&USB-Cタイプのポートしかないため、ハブがある方が便利。

SatechiやAnkerからiMacのデザインに合わせたアイテムがいくつか出ています。

わたしはデザイン重視でSatechiの置き型タイプのアイテムを選びました。

Satechiは素材の高級感が強みの一つで、M3 iMacのスタンド部分のデザインに馴染んでいてかわいい。

写真の転送など、静止画メインならスピード感も問題なしです。

Satechi
¥4,729 (2024/01/11 12:48時点 | Amazon調べ)

7|ディスプレイ

M3 iMacのディスプレイ

ディスプレイのスペックは以下の通りです。

  • 24インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ
  • 4.5K Retinaディスプレイ
  • 4,480 x 2,520ピクセル
  • 500ニトの輝度
  • 広色域(P3)
  • True Toneテクノロジー

M1 iMacから変更点はなし。

1か月以上毎日使用していますが十分にキレイで、不満はないです。

モニターディスプレイが「ベーシックモデルでもレベルが高い」のがAppleの強みの一つですよね。

同等レベルの画質&デザインのいいモニターディスプレイって10万円前後するものが多いので、M3 iMacはお買い得感があります。

True Toneテクノロジー搭載で、環境に合わせて自動で色味を調整してくれるので、部屋のどこにM3 iMacを置いても「同じように見える」のが便利です。

8|ディスプレイ出力

M3 iMacのディスプレイ出力

M1 iMacと同じく、M3 iMacでも外部ディスプレイを1枚接続できます。

作業領域を広く取りたい人には安心。

わたしはその日の作業内容によって、EVIC Ⅳ 15.6インチのモバイルモニターを接続して使っています。

9|スピーカー

スピーカーのスペック詳細は以下の通りです。

  • フォースキャンセリングウーファー搭載・原音に忠実な6スピーカーシステム
  • ワイドなステレオサウンド
  • ドルビーアトモスの音楽またはビデオ再生時は空間オーディオに対応
M3 iMacのスピーカー

本体の下部にスピーカーがあります。

デスクへの反射を活かして音質を表現する設計となっているため、一番いいコンディションで音を楽しむにはディスプレイに近づきすぎないほうがいいですね。

他レビューを拝読していると絶賛の声もあるのですが、個人的には「不可がないレベル」といった印象

音質にはめちゃくちゃこだわりがあるという人は外付けのスピーカー搭載を検討したほうが良さそうです。

わたしはAirPods Proを使ってます。

10|内蔵SSD

ストレージは4種類。

  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB
  • 2TB

後からのカスタマイズは不可なので、購入時に「どれくらい必要か」を見極めておきましょう。

iMacだけで完結したいなら1TB・2TBが候補に上がりそう。

わたしはM1 MacBook AirやiPhone・iPadともデータ共有したいため、外付けSSDかクラウドストレージの利用を想定し、iMacは価格を抑えて512GBにしました。

不足を感じたらiCloudかGoogleストレージなどに課金して容量を確保しようと考えています。

11|キーボード

M3iMacのキーボードはMagic Keyboard

iMacのけっこう大きなメリットの一つが「Magic Keyboardが付属される」ことかな、と。

Magic KeyboardとHHKB

HHKBはじめワイヤレスキーボードをいくつか使ってきましたが、Magic KeyboardってやっぱりAppleと相性が最高にいい。突出した利点というより「気になる点がない」のが強みですね。

あえて欠点を挙げるなら、充電がLightning端子なことくらいでしょうか。

touchID搭載

Touch IDは2ポートモデルはオプション、4ポートモデルは標準装備です。

iMacのカラーに合わせたキーボード
画像:Apple

グリーンやピンクやなどのカラーを選ぶと、Magic Keyboardも同色におめかし。

iMacでしか入手できないので「限定」が好きな人はそそられるのでは。わたしもかなり!悩みました。

12|コード接続部

M3 iMacのコード接続部

本体背面のコード接続部はマグネットでくっつく方式

iMac(24インチ・M1)長期使用レビュー|Appleならではのデザイン性と実力を兼ね備えた良コスパモデル
動画はM1 iMacのもの。構造は同じです

動画はM1 iMacレビュー時のものですが、かなり強力です。軽く引っ張るくらいでは抜けない。

コードもiMacカラーと同色になっているので、接続部だけ雰囲気が浮いてしまう心配も不要です。

13|付属品

M3 iMacの付属品

基本セットはMagic KeyboardとMagic Mouse。オプションでMagic Trackpadが選べ、組み合わせは自由です。

わたしはすでにシルバーのMagic Mouseを持っていたので、マウスをMagic Trackpadへ変更して購入しました。

M3 iMacは全ての付属品が本体カラーと同色

Magic Mouse・Magic TrackpadもiMac本体とおそろいカラーなので、カラフルな色を選んだ人はテンション上がるはず。

わたしは集中したいときは視覚ノイズを抑えたいタイプなので、ときめきよりミニマルさを選び、シルバーをセレクトしました。

Apple(アップル)
¥225,313 (2024/05/19 21:23時点 | Amazon調べ)

M3 iMacを買うべき人

M3 iMacを買うべき人

M1 MacBook Air・M1 iMac・M3 iMacを使ってきた結果「M3 iMac」をおすすめしたい人はこんな人です。

M3チップを搭載したことで、脱・初心者モデルになった印象。

デスクトップPCを探しているなら、コスパよくAppleの世界観や性能の高さを楽しめる一台ではないでしょうか。

「買うべき人」について、1つずつ紹介していきます。

①:外での作業はほぼしない人

外に持ち出さないなら、
デスクトップPCの方が長時間作業には有利

カフェやワークスペースなど、外で作業する機会が多い人はMacBookの方が断然便利。

ですが、

  • フリーWi-Fiのセキュリティが心配
  • 外だと作業領域の広さに不満

上記のような理由で「作業は家派・固定オフィス内派」の場合は、デスクトップの方が便利です。

画面は大きい方がマルチタスクもしやすいし、ノートPCと比べて目線が高くなるので肩こりの予防にもなります。

iMacはオールインワンPCなので、マウスやキーボードも付属されていて、新たなアイテムの追加購入が不要。

iMacを買うだけで作業環境が整うのが魅力です!

iPadも持っている人は、iPadを外出時用のサブ機として使うのもアリ◎

②:3年を目安に長期間使いたい人

長期間使用するなら、
「その時の最新機種を選ぶ」が得策

M1 iMacとM3 iMacで悩んだ場合は「どれくらいの期間使いたいか」で選ぶと後悔しません。

1〜2年で買い替え前提の人

1〜2年で買い替え予定なら、正直M1 iMacでも十分満足できそうです。M1チップ、普通に優秀なんですよね。

M1 iMacは、現在は認定整備済製品(Appleリンク)でのみ購入可能。つまり、よりお買い得になっています。

M1とM3のiMacを両方使ってみての感想ですが、テキストメインのタスク・インターネット閲覧くらいなら、速さは体感的には大きな差を感じませんでした。

安く買って、次モデルが出たときorもっと気になる製品が出たときに買い替えが一番コスパがいいのでは。

3年以上は使いたい

長期使用を希望している人や、1〜2年の予定でも映像の滑らかさを重視したい人はM3 iMacがおすすめです。

M1チップも性能面では十分優秀ですが、3年後となると最新機種と比較して見劣りを感じやすいことが想定されます。

他にも最新OSのサポート期間がいつ終わるかわからない、というリスクもあります。

3年以上iMacを使う予定なら「買うときの最新機種(今ならM3)」を選ぶのが得策です。

③:映画制作のような超重たい作業はしない人

CanvaやPhotoshopの単体利用はOK
長時間の高画質動画編集レベルは不向き

iMacはM1からM3になり、

  • GPUが最大値で8コアから10コアへ
  • 個人向けPCでは初の「3nmプロセス」搭載

と、映像処理やPC性能そのものが大きく向上しました。

とはいえ「重たい作業でもなんでもこい」とは言えない…

4Kで映画レベルの長編動画を編集する…!といった使い方の人にはM3 iMacだと物足りなくなる可能性が大きいです。M3 ProやM3 Maxチップを搭載したMacBook Proの方がおすすめ。

CanvaやPhotoshop、Illustratorなどのソフト使用ぐらいだと、M3 iMacで特に不満なく使えています!

④:Appleのデザイン・世界観が好きな人

「買うだけ」で
Appleの世界観を満喫できるデスクが叶う

デスクトップPCってノートPCより面積が必要な分、部屋の中で存在感がありますよね。

Apple製品のデザインが好き!という人でデスクトップPCを探しているなら、iMacがぴったりです。

iMacは24インチモニター・Magic Keyboard・Magic Mouseが付属。デスクに配置するだけで、これぞApple!な空間が作れます。背面のデザインもすてきなので、デスクをアイランド型に設置したい人にもおすすめです。

しかもMagic KeyboardとMagic MouseはiMacのカラーと同じ色の特別仕様。シルバー以外のカラーはiMacでしか入手できないので、特別感もあります。

⑤:コスパの良さを重視する人

Magic Keyboard・Magic Mouse
付属はお得感アリ◎

M3 iMacは最低価格が198,800円から。

M2 MacBook Airの最低価格と同じですが、M3 iMacの価格には33,600円分のアクセサリも含まれています。

  • Touch ID搭載 Magic Keyboard:19,800円
  • Magic Mouse:13,800円

ディスプレイも4.5Kと高画質。

と、コスパの良さは文句なし。「携帯性」のデメリットをクリアできる人には超おすすめです。

ふわり

コスパよく・簡単に・Apple感満載!のデスクが作れるのがM3 iMac!体感的な処理速度も日常遣いでは不満なしです

Apple(アップル)
¥225,313 (2024/05/19 21:23時点 | Amazon調べ)

【まとめ】M3 iMacレビュー|M1との違い、買うべき人はどんな人かがわかる

M3 iMac全体像

M1 iMacと比較して進化したポイント

  • PC性能
    • 最大2倍速く
  • Safari
    • 最大30%高速で見れる
  • フレームレート
    • 最大50%高速化し、光や反射がよりリアルに
  • Photoshop
    • 作業が最大2倍サクサク
  • Wi-Fi
    • 6→6E
  • Bluetooth
    • 5.0→5.3

オールインワンPCの中ではトップクラスのスペックを誇るM3 iMac。

比較的リーズナブルな価格帯でAppleのデザインと性能の高さを満喫できるのが魅力です。

M1からM3チップに進化したことで、PCとしてのスペックも向上したので「オフィスワークや画像編集、短時間の動画編集にデスクトップPCが欲しい」という人におすすめ

わたしもM3 iMacをメイン機、サブ機にM1 MacBook AiriPad mini 6の構成で愛用中です。

気になる方はぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次