\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

TP-Link Tapo C225 レビュー|高画質で暗闇にも強くトラッキングも優秀な高性能見守りカメラ

TP-Link Tapo C225 レビュー
お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

今回はTP-Linkさんに提供いただいた最新型の見守りカメラTapo C225をレビューしていきます。

本機は、画質が2K QHDで赤ちゃんやペットの細かな表情も確認でき、首振り機能が水平360°/垂直149°1台で1部屋をカバーできる性能があるため、カメラ性能のみで見ても優秀な見守りカメラです。

で、実際にTP-Link Tapo C225を使った感想を書くと

その昔仕事の関係上、1台5万円近くする高額な見守りカメラを買ったことがあるボクから言わせてもらうと、本機をコスパ最強の見守りカメラと言わずして何をコスパ最強の見守りカメラって言うんだ!

でした。

数年ぶりに新しい見守りカメラを使用しましたが本当に感動しました。こんなに安いのにこんなにも性能高いの?!って。

もう室内の小型見守りカメラは全部これでいいやん。って素直に思えましたね。

では、TP-Link Tapo C225のレビューを書いていきます。

TP-Link Tapo C225
総合評価
( 5 )
メリット
  • 多機能で高性能な見守りカメラ
  • 人物の細かい表情まで確認でき双方向通話可
  • ストレージの自由度
  • 撮影や通知のトリガーの設定が可能
  • 簡単設定で誰でもすぐに使える
デメリット
  • 監視カメラではない
TP-Link
¥6,280 (2024/06/19 16:31時点 | Amazon調べ)

楽天クーポン期間限定で発行中
→期間2023年 5月21日まで!限定100枚

>>クーポンリンクはこちら
>>クーポンコード:13Y6-0OH2-EU36-2VSE

スポンサーリンク
目次

TP-Link Tapo C225 特徴レビュー【どんな見守りカメラか】

TP-Link Tapo C225 レビュー

赤ちゃんの見守りから、高齢者(要介護者)の見守りができ、さらにペットの見守りもできるTP-Link Tapo C225ってどんな見守りカメラか「特徴」「スペック」を紹介します。

特徴
  • 細かい部分まで確認できる2K QHD画質
  • 選べるナイトビジョンLED搭載
  • 双方向通話
  • 水平360度・垂直149 度の首振りで広く見守れる
  • スマートAI検知でトラッキング
  • 動作検知で効果音とライトの警告ができるアラート機能
  • 指定エリアを録画しない設定可
  • ライン通過検知
  • 柔軟なストレージ

とまぁ、細かく伝えるともっと色々あるのですが、ただ人物やペットを写して「状態を見る」だけではない多機能見守りカメラに仕上がってるのがTP-Link Tapo C225です。

特徴一つずつ見ていきます。

細かい部分まで確認できる2K QHD画質

カメラの画質
2K QHD画質(2560×1440px)
tapoの画質
広角で粗さが目立たずコントラストは低め
なめらかな画質

TP-Link Tapo C225は低価格見守りカメラに多い画質フルHD・HD(1920×1080・1280×720)より上位画質の2K QHD画質(2560×1440px)を搭載で400万画素の撮影が可能。

高性能な画質のおかげで、よりきめ細かく撮影するモノや人を画面で確認できます。

フィジカルプラバシーモード搭載

プライバシーモード

ボタンでカメラをすぐに隠せる

プライバシーモードの操作

アプリからプライバシーモードで操作できる
カメラと連動

カメラのレンズ部分の向きを変えて物理的に隠すことができるフィジカルプライバシーモードを搭載していてるため、アプリにつながなくてもすぐにプライバシーを守れます。

選べるナイトビジョンLED搭載

ナイトモードの選択
アプリからすぐ設定できる

ナイトモードは、アプリからサクッと設定できます。

肉眼でみるとこの明るさ
肉眼でみるとこの明るさ

ちょっと試してみましょう。↑通常撮るとこれくらい暗い場所でTapo C225を使って、ナイトモード or 赤外線で録画するとこんな感じ↓

スターライトモード
スターライトモード
スターライトモードのアップ
ピーツくん人形アップ
赤外線モード
赤外線モード
赤外線モードのアップ
ピーツくん人形アップ

ええぇすごい、鮮明ですごすぎて理解できない。普通に笑っちゃうレベル。スターライトモードなんかもはや部屋のライト全灯の時ですやん..ってツッコミたくなる。

赤いセンサー
赤いLEDが出る850nm IR LED
  • 遠くまで見れる850nm IR LED
    • 約10m先まで見渡せる・赤いLEDライトが光る
  • 目に見えない940nm IR LED
    • 約5m先まで見渡せる・赤いLEDライトが光らない

上記の2つのナイトビジョンLEDを備えていて、状況に合わせて使い分けれます。

多くの方が録画距離は940nm IR LEDで問題ないし、ライトが光らないので小さなお子さんなどがいる家庭ではこっちがベストかなと。

ただ、赤いライトも実際そこまで気にならないので、ぶっちゃけどっちでも良さそう。

設置位置の関係上、遠くからなら約10m先まで見渡せる850nm IR LEDで写せるので柔軟性があり便利です。

双方向通話

双方向音声通話可能

見守りカメラって、見守り時にちょっと声掛けをしたい。こんなシーン多いですよね。Tapo C225は設置した部屋と遠隔で双方向通話が可能です。

実際にTapo C225の側にiPhoneをおいてボイスメモを録ったので参考にどうぞ↓※音がでます

音声と周囲の物音どちらも拾えます。

このようにTP-Link Tapo C225側と映ってるデバイス側の音声どちらも、普通に聞き取るには十分な音声を届けることができ会話が可能です。

水平360度・垂直149 度の首振りで広く見守れる

カメラの画角
一般的なズームレンズで撮影
見守りカメラの画角
Tapo C225はかなり広角に撮影できる

パン・チルト機能が優秀で、水平360°垂直149°で大きい部屋一つをカメラ一台で写せます。

使った感じ見通しがよければ20畳くらいまで問題なく撮影対応できる印象を持ちました。ファームウェアバージョン2.12から首振り機能でパノラマ画像を作れます

スマートAI検知でトラッキング

トラッキング機能
被写体の動きに合わせてカメラが追尾してくれる

スマートAI検知で人物やペットを認識して、カメラ撮影範囲内を自動追尾してくれます。

この機能のおかげで、ペットやお子さんがカメラから見えない部分に行ってしまっても大丈夫です。

見守りカメラを導入するなら、被写体・対象物が確認するデバイスに映り込まないと意味がないというか安心できないですからね。

この機能はカメラそのものの価値を下げないためにも見守りカメラ必須の機能だと感じました。精度はバッチバチに高いです。※1秒でTapo C225のカメラが最大120°回転

動作検知で効果音とライトの警告ができるアラート機能

人物検知反応が良い

要注意:警告音の大きな音がでます!

動作を検知して、効果音+ライトでアラート機能を使い警告音を出せます。

Tapo C225は、防犯カメラではないですがこの範囲もサポートできる機能を持ち合わせてる優秀な見守りカメラ。

防犯カメラが欲しいならコレ!

Tapo C325WB の外観

最近ボクが使ってるTapo C325WBめちゃくちゃ良いです。悪さしようと思ってる人も、こりゃバレるわ!レベルの映りと性能を有していて、セキュリティメインならぜひ検討してほしいカメラの1つ。

詳しくは以下の記事に載ってます。

TP-Link
¥11,897 (2024/06/15 22:16時点 | Amazon調べ)

指定エリアを録画しない設定可

プライバシー設定

映像を一部分だけ、写して記録したい!この希望も叶えてくれるTapo C225。

アプリからプライバシーゾーンを設定すると、Tapo C225で映像に記録したくない場所を真っ黒く非表示にでき写したい場所だけ撮影・録画できます。

ライン通過検知

ライン通知可能
ここを越えたらデバイスに通知いくように設定!みたいなことができる

あらかじめ、設定した境界線を「なにか」が越えたタイミングで、デバイスに通知がいく設定ができます。

子供が危ないゾーンにはいったり、要介護者が部屋を出る素振りを見せたときなど、すぐさま気づいて対応できるためヒヤリハットになる手前でこちらからアクションを起こせます。

柔軟なストレージ

MicroSD
Micro SDで物理保存
クラウドで保管も可能
専用の有償サブスクでクラウド保存

見守りカメラには少ないストレージをクラウドもしくは物理的なストレージ、どちらも選択できるため用途に合わせて使用可能。※ただし、クラウドは「Tapo Care」という有償サブスクサービスに加入必須

TP-Link
¥6,280 (2024/06/19 16:31時点 | Amazon調べ)

楽天クーポン期間限定で発行中
→期間2023年 5月21日まで!限定100枚

>>クーポンリンクはこちら
>>クーポンコード:13Y6-0OH2-EU36-2VSE

TP-Link Tapo C225 開封レビュー

欲しい機能全部入りの見守りカメラTP-Link Tapo C225のレビューを書いていきます。

スペック

メーカーTP-Link
型番Tapo C225
動画解像度2K QHD画質(2560×1440px)
音声双方向(内蔵マイク&スピーカー)
ナイトビジョン850nm IR LED(最長約10m)
940nm IR LED(最長約5m)
無線規格IEEE 802.11b/g/n
2.4GHz
アダプター入力100-240V
50/660Hz
0.3A
アダプター出力12V,1A(DC電源)

パッケージ付属品

tapoc225パッケージ表面
tapoc225の付属品

厚紙ベースのパッケージで梱包されていて配送時カメラへのショックも最低限で届きそう。開封してすぐにTP-Link Tapo C225が使えるように必要な付属品すべて入ってます

付属品
  • Tapo C225本体
  • 電源アダプター
  • 取り付け用ネジセット
  • 位置決めシール
  • 台座
  • 簡単設定ガイド
タポc225付属品のAnker

壁面用のネジとアンカーを使って、壁に固定することもできる

外観デザイン

TP-Link Tapo C225の本体
前面/斜め
横
側面
後ろ
背面

質感はマットタイプでトンマナも良いため、デザインは上品に仕上がってます。

各種機能やボタン

  • 前面
    →カメラ・リセットボタン・MicroSDカード差し込み口・フィジカルプライバシーモードボタン
  • 背面
    →マイク・スピーカー
TP-Link Tapo C225裏面

底面は3点に滑り止めラバーがあるので、すべりやすい樹脂の上でも、安定させて固定できます。CEマークなどの基準適合マークの表示もあり。

サイズ重量

重量313g
実測313g
350mm缶とおなじくらいのサイズ
350ml缶とほぼかわらないサイズ感

サイズはちょうど小さい350mmの缶くらいのサイズ。

サイズ重量
  • サイズ:7.9×7.9×12(cm)※カメラを収納すると12cm→11.2cm
  • 重量:約313g(スケール実測値)

TP-Link Tapo C225の使い方

TP-Link Tapo C225の使い方を「初期設定」と「アプリ操作方法」の順に紹介します。

初期設定

初期設定は説明書のとおり、STEP1〜STEP3で5分もあれば設定できるので超簡単。

  • STEP1:Tapoアプリをダウンロード
  • STEP2:カメラの電源を入れる
  • STEP3:セットアップ(Wi-Fiなど)
カメラの設定方法は説明書に書いてる

アプリ操作方法

アプリ対応 (2)

Tapoアプリは多機能ながら、すべて直感的で何回か操作するとすぐにわかるほど単純な仕組みになってます。

基本的にはアプリ下部の8項目とタブのようになってる5項目から操作すればほぼ使いこなせるようになっていて、初心者でも簡単。

細かい設定などもアプリ右上の設定箇所から、設定できるためこだわりがある人も満足できるUIです。

TP-Link Tapo C225の見守り性能

TP-Link Tapo C225の見守りは基本的に屋内の「人物」と「ペット」向けです。

人物だと、赤ちゃんやご年配の方、されたら嫌だけど職員監視用に職場に設置する経営者とかもいそうですね。

人物

インスタで赤ちゃんがいらっしゃるお世話になってる仲良い方(@itsu__kikiさん※本垢はほぷさん@hope__323)と連絡をとりつつ、実際に子供を見守っている様子を教えてもらいました。

こびぃ

アカウントでカワイイコーデをいっぱい載せてるのでよかったら一度↑のリンクから見てくださいね!

見守りカメラTapo 225C 人物昼間
昼間
見守りカメラTapo 225C 人物夜間
夜間

赤ちゃん・子供が寝ている姿がしっかり撮影でき、安心・安全に見守れます。奥にいるアンパンマンの目もハッキリ確認できる画質。

赤ちゃん・子供のそばからちょっと離れるときや、家事をしながら様子を見たいときも気を張った状態で作業せず、ゆとりを持って作業できるのは嬉しいですよね。

こびぃ

要介護者を自宅で介護している人も監視しつつライン通過検知を設定していると、見えない範囲に自分がいても安心だね。

ペット

ペット見守りも対応
Tapo C225で撮影した画像ではないです
※実家に帰省したときにTapo C225で撮影して差し替える予定です

ペットで代表的な犬、猫をはじめペット全般をカメラでチェックすることが可能です。

犬専用の見守りカメラにあるような餌が出るギミックなどは搭載されていない分、シンプルデザインかつ小型カメラに仕上がってます。

TP-Link Tapo C225のメリット(良かった点)

TP-Link Tapo C225を実際に使ってわかったメリット(良かった点)は5つです。

メリット
  • 多機能で高性能な見守りカメラ
  • 人物の細かい表情まで確認できる
  • ストレージの自由度
  • 撮影や通知のトリガーの設定が可能
  • 簡単設定で誰でもすぐに使える

順に見ていきます。

多機能で高性能な見守りカメラ

Tapo C225は多機能で高性能な見守りカメラ

Tapo C225はカメラの画質やナイトビジョンだけでなく、他の機能が優秀で、現状で考えると性能>価格でコスパが良い高性能な見守りカメラです。

これ一つあれば、被写体を安全に見守れる!って機能が多いので、安心して出かけたり、見守れるようになり便利。

人物の細かい表情まで確認でき双方向通話可

過去より画質がアップでズームもキレイ
赤枠部分はズーム箇所

旧型は300万画素から、本機は400万画素になりました。これにより、拡大時の画素ががかなり上がったと思います(旧型使用していないのであくまでも想像の話)

双方向通話って見守りカメラにほぼ必須の機能だと思うんですよね。

かなり重要度が高い機能で、なんちゃってマイクではなく、解像度も高く普通に会話できるのが安心材料の一つになります。

ストレージの自由度

録画をしておき、あとで使用する場面、例えば何か起こったときにかかりつけ医にデータを提出するようなことがあれば、ストレージは重要。

録画映像は最大512MBのMicroSDやTapo Careのクラウドストレージサービスを通じて、安全に保管できるので用途に応じてストレージの調整がでるのはメリットの一つ。

撮影や通知のトリガーの設定が可能

検出とアラート設定
  • アクティビティゾーン
  • ライン通過検知
  • 異常音検知

上記の機能は見守りカメラにあれば便利な機能。TP-Link Tapo C225にはすべて備わっていて、トリガーとして活用できます。

とりあえずつけたよ〜みたいな機能ではなく、感度・精度が高く、見守りカメラとしては十分力を発揮できます。

簡単設定で誰でもすぐに使える

パスワードとネットワーク選択
ものの数分でWi-Fi接続までできてすぐ使える

設定はびっくりするくらい簡単で、ボクがあーだこーだ書くより、付属のかんたん設定ガイドを見れば迷うことなく誰でも設できます。

これまで操作が…と見守りカメラを敬遠してた機械音痴の方でも、Tapo C225は、とっつきやすい見守りカメラと言っていいでしょう。

TP-Link Tapo C225のデメリット(気になった点)

TP-Link Tapo C225を実際に使ってわかったデメリット(気になった点)は今のところないのですが、監視カメラだ!みたいな感じで飛びつかないようにしてください。

デメリット
  • 監視カメラではない

監視カメラではない

先述したとおり、ちょっと今のところTapo C225のデメリットが見当たらないので、デメリットというより注意喚起の一つとして書きます。

監視カメラのような使い方には向いていないし公式も推奨していないので、あくまでも見守りカメラということを理解しておいた方が良いです。

TP-Link Tapo C225を使ってやってはいけないこと

Tapo C225は高性能見守りカメラだからこそ、ついつい色々試してみよう!みたいな考えに走るかと。

  • 屋外での使用
  • 見守りカメラ以外で使用する

これらのような使い方はNGなので、購入前に十分理解しておくと買ってから「え〜思ってたのと違うかった」を避けれます。

TP-Link Tapo C225はこんな人におすすめ

最後にTP-Link Tapo C225がどんな人におすすめできるかまとめました。

おすすめの人
  • 目を離しにくい子供やペットがいる
  • 高齢者施設などの関係者
  • 必須の機能全部盛りの見守りカメラがほしい
  • 初めて見守りカメラを使う

大半は想像通りの内容だと思いますが、ボク視点で言うと高齢者施設なんかもありかな?と思いました。

以前、高齢者施設で働いた経験があるのでわかるのですが、国産の監視カメラって1台数万円するバカ高い物がおおいですよね。

Tapo C225はカメラとしての感度と性能が高いし、多機能なので、スペック低くて価格だけ高いザ・介護の監視カメラ→Tapo C225へ移行するのはありです。

働く人も働きやすくなるし、経営者は出費抑えれるし、本機はそういう視点からも最高の投資に成り得るポテンシャルを秘めてます。

こびぃ

予測不能の動きもスマートトラッキングで追尾してくれるから最高のカメラだよ

TP-Link Tapo C225 レビュー【まとめ】

TP-Link Tapo C225 レビューを書きました。

TP-Link Tapo C225
総合評価
( 5 )
メリット
  • 多機能で高性能な見守りカメラ
  • 人物の細かい表情まで確認でき双方向通話可
  • ストレージの自由度
  • 撮影や通知のトリガーの設定が可能
  • 簡単設定で誰でもすぐに使える
デメリット
  • 監視カメラではない

見守りカメラに悩んでいるすべての方におすすめできる!って言っても過言ではないくらい、高性能かつ手を出しやすい価格の素晴らしい見守りカメラでした。

見守りカメラを新たに導入する方、買い替えの方、ぜひ一度手にとってほしい製品なので、商品ページを確認してみてくださいね!ではまた!

公式 TP-Link Tapo C225商品ページ

TP-Link
¥6,280 (2024/06/19 16:31時点 | Amazon調べ)

楽天クーポン期間限定で発行中
→期間2023年 5月21日まで!限定100枚

>>クーポンリンクはこちら
>>クーポンコード:13Y6-0OH2-EU36-2VSE

TP-Link Tapo C225 レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次