\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

新型CIO SMARTCOBY Pro 30W2C レビュー|超人気モバイルバッテリーの第2世代登場

CIO SMARTCOBY pro review

これがきっかけでCIO製品が好きになった!みたいな人が相当数いると感じる「SMARTCOBY Pro」

従来モデルはクラファンの「MAKUAKE」で応援購入金額約2,200万円を達成したモンスターモバイルバッテリー↓

SMARTCOBY Pro
出典:Makuake

このモデルは以降「Cable」や「Slim」といったように、色々枝分かれしていったますが、本家がついにバージョンアップしました。

結論からいうと、旧型を持っている人は乗り換えするかは微妙なラインですが、所持していない人には全力でおすすめしたいモバイルバッテリーでした。

この記事では、第2世代のSMARTCOBY Pro(30W2C)をレビューしていきます。

CIO
¥4,818 (2024/06/13 16:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
スポンサーリンク
目次

CIO SMARTCOBY Pro 30W2Cの製品概要

本機の特徴とスペックを順に確認します。

特徴

特徴
  • クレカサイズなコンパクトさでパワフル性能
    →手のひらに収まる30W×10000mAhモバイルバッテリー
  • バッテリー残量が見やすい
    →0~100%の表示で細かく残量を見れる
  • パススルー機能
    →コンセントから本体とデバイスをケーブルで接続してデバイス充電と本体蓄電ができる
  • すべりにくい&防傷加工
    →CIOお得意のシボ加工製品で本体をいつまでもキレイに使える

スペック

SMARTCOBY
Pro 30W
(第2世代)
バッテリー容量10000mAh
ポート数2ポート
USB-C×2
入力(最大)5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 15V=2A
30W
出力(最大)
<USB-C1/2 PD>
5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 15V=2A
30W
<USB-C1+USB-C2>
5V=3A
15W×2

<PPS>
3.3-11V=3A
33W
急速充電規格PPS / PD3.0 / PD2.0
パススルー
製品サイズ(約)77×56×26mm
おもさ(約)178g
カラーブラック/ホワイト

 

CIO SMARTCOBY Pro 30W2Cのレビュー

パッケージ

CIO SMARTCOBY Pro 30W2Cの開封レビューを書いていきます。本機はブラックとホワイトの2色展開ですが、今回ホワイトをご提供いただきました。

付属品

付属品
付属品
  • SMARTCOBY Pro3W2C本体
  • 取り扱い説明書
  • USB-C to USB-Cケーブル(約50cm)
ケーブル同梱ですぐに使える

外観デザイン

本体ボディ

SMARTCOBY Pro 30W2Cは、旧型のSMARTCOBY Proのデザインから一新して、近年のCIOを象徴するシボ×艶なしマットなミニマルデザインになってます。

ファーストインプッションは、「これよこれ、SMARTCOBY Proは!やっぱり小さいな!」ってなる違和感ない仕上がり。

手元に入る

もった感じは、手触り良いのにすべりにくく感じる印象を受けます。

CIOロゴ

CIOロゴはプリントタイプではないので、削れる心配はなし。

側面

底面には、確認証マークや充電出力数などの表記あり。PSEマークも印字されてます。

ディスプレイ側
LEDインジケーターは見やすい%表示

LEDインジケーターは側面の物理ボタンを押す。もしくは、充電ケーブルを挿し込んでデバイスと接続したり本体充電すると点灯します。

インジケーターは明るい場所でも視認できるので、外出時に日光の下でも使いやすいですね。

USB-Cポート
USB-Cポート

USB-Cポートが両側面に備わっているので、左右どちらからも入出力できるのが、従来モデルより利便性が高まったポイントの1つ。

どちらも入出力は最大30Wです。

サイズおもさ

サイズとおもさ

サイズは、77×56×26mmでクレジットカードに厚みがついた感じです。iPhoneと並べるとその小ささがわかると思います。

おもさ177g

おもさは、公称178gでこれは意外な軽さ。

SMARTCOBY Pro Slimのサイズ感

というのも同社のSMARTCOBY Pro SLIMは本機より薄型ですが、おもさが180gあるのでこれより軽いということです。見た感じはSlimのほうが軽そうなのにわからないものですね!

CIO
¥4,818 (2024/06/13 16:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

SMARTCOBY Pro 30W2Cを使って充電してみた

ここから実際にSMARTCOBY Pro 30W2Cを使って充電してみた感じを書いていきます。

  • 出力最大30W×USB-C2ポート×10000mAh
  • 入力最大30W
  • 充電時の出力はスペック通り
  • パススルーに対応
  • 発熱はほぼしない
  • 手のひらサイズでミドルパワーな万人受けタイプ

順に見ていきます。

出力最大30W×USB-C2ポート×10000mAh

15cmケーブルで充電
iPhone充電用として相性はピカイチ
MacBook Airも充電可
MacBook Airも急速充電できるパワー

一言でいうと、10000mAhモバイルバッテリーならすべてのバランスが最適解化されたモバイルバッテリーってこと。

旧型のSMARTCOBY Pro 30Wも約2年スタメンだったのですが、より便利になっているのでそらバランス最強モバイルバッテリーだわと。

できることをまとめたので参考にどうぞ↓

SMARTCOBY Pro 30Wのこれがあればできること

  • 最大出力30W
    →スマホのみならず、タブレットノートPC(MacBook Airクラス)まで急速充電できる
  • USB-C2ポート
    →小型から中型ガジェットを同時に2台急速充電できる
  • 容量10000mAh
    →iPhoneを約2回、iPadを約1回充電できる容量
こびぃ

容量的にはiPhone(スマホ)充電をメインにした運用方法がおすすめですが、パワーと容量的にiPadも問題ないので、必要に応じて柔軟に使えるのが本機のメリット

入力最大30W(本体充電)

NovaPort
NovaPortの3ポート65Wがおすすめ

本機を充電するときはPD充電器、いわゆる急速充電器を使う必要があります。同社のものだとNovaPortシリーズがおすすめ。

本体充電

iPhoneやiPadと併用するなら、人気の65W3ポートタイプが良いですよ!汎用性が高いため、1つあれば数年は買い替え不要の充電器です。

SMARTCOBY Pro 30W2C本体を0%→100%までの満充電時間はざっくり1時間30分〜45分です。

コビロボ

数年前のモバイルバッテリーって6時間くらい充電しないといけなかったりしたから本当に科学の進歩を感じるね。

充電時の出力はスペック通り

スペックチェック

本機を使用して、何度も充電を重ねたが不穏な挙動はないです。

安全かつスペック通りの出力で各デバイスを充電できます。

急速充電のPD対応で、PPSにも対応しているのでAppleユーザーからAndroidユーザーまで幅広くベストな充電環境で充電できます。

各ポート入出力をチェック
入力(最大)5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 15V=2A
30W
出力(最大)
<USB-C1/2 PD>
5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A / 15V=2A
30W
<USB-C1+USB-C2>
5V=3A
15W×2

<PPS>
3.3-11V=3A
33W

iPhone充電

充電時間

iPhone 15 Proを充電したのですが、スペックから割り出される充電時間でつつがなく満充電できました。

充電時間と残量

iPhone 15 Proを充電した場合の「充電時間」「残量」まとめ

満充電時間
1時間30分計測
まんじゅう電あとののこり
満充電後のモバイルバッテリー残量
30分58%
60分88%
90分97%

iPhone 15 Pro一度充電後の残量:57%

こびぃ

ざっとiPhoneは約2回充電できるってことですね。iPadは約1回~充電できます(モデルにもよる)

本機の急速充電規格は以下のとおり。

急速充電規格PPS / PD3.0 / PD2.0
PD
プロトコル

テスターでチェックしたところ、急速充電規格PD/PPSにしっかり対応していて、PD3.0は最大30Wで計測できてました。

12Vに対応してますが、市場にあるほとんどの充電器モバイルバッテリーがPD3.0でもこっそり12V対応しているので、この辺は気にしなくていいかなと。

デバイス複数充電もできる

複数デバイス充電

2ポート同時充電対応で、容量10000mAhあるため、イヤホンやマウスといった小型からスマホやタブレットといった中型のデジタルデバイスを2台同時充電できます。

2台同時充電時は15W×2になります

パススルーに対応

パスするー充電
パススルー充電

SMARTCOBY Pro 30W2Cは、両サイドのポートを駆使してモバイルバッテリーと充電デバイスを同時に接続しながらデバイスを充電できます。

これをパススルー充電といいます。

このようにデバイスが充電後モバイルバッテリーを自動で充電開始するというラクに同時充電するための機能ですが、パススルーは充電は1デバイスあたりの充電効率は落ちます。

本機も例に漏れず、単体で充電したときの方が充電は早いので、長時間放置しながらスマホとモバイルバッテリーをどちらも充電したいときに使う機能になってます。

発熱はほぼしない

はつねつ
なんだと、全然発熱してないぞ…

これはすごい!ってなったのが、モバイルバッテリーの発熱問題。

CIO製品でも過去に熱くなるものがあったのですが、今回のSMARTCOBY Proはすごい。

30分、1時間と充電開始からモバイルバッテリーが1番頑張っている頃合いに計測したのですが、40度きってるんですよね。

もちろん素手でもっても人肌クラスの温度、むしろ体感はちょっと冷たく感じるくらいなので、表面までほぼ熱がきてません。

こびぃ

安全に気をつけたい赤ちゃんがいる家庭とか相当嬉しいポイントですね

手のひらサイズでミドルパワーな万人受けタイプ

さっと持ち運べる

手のひらサイズのコンパクトボディながら、容量と出力がミドル級サイズで多くの方が求めてるようなモバイルバッテリーに仕上がってます。

いつの時代も「安い・小さい・小型・パワーあり」のモバイルバッテリーは正義ですね。本機はまさにこれです。

CIO
¥4,818 (2024/06/13 16:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

SMARTCOBY Pro 30W2Cと一緒にあると便利なもの

本機に合わせて発売されたケーブルがあるとより一層もモバイルバッテリーライフ、充電ライフが充実します。

新型ケーブルが超便利

ケーブル

CIOには人気のなめらかで絡まらないシリコンケーブルがあるのですが、新たなサイズが登場しました。

15 mケーブル
左:SMARTCOBY Pro 30W付属の50cmケーブル
右:絡まらないCIOの15cmケーブル

今回のモバイル特化製品のSMARTCOBY Proの新型似合わせて同時期に発売されたこの15cmケーブル。

15cmって長さは絶妙な長さで、ケーブルが必要最低限の長さに調節されているため、持ち運びとの相性も抜群です。

ケーブル
 他のケーブルよりやわかくて取り回しやすい

よりミニマルな環境下で充電したいなら本ケーブル、かなりおすすめです。

こびぃ

ボクはこれまで他社製の15cmケーブルを愛用していたけど、本ケーブルはふにゃふにゃで柔軟性があって短いケーブルで曲がりにくい欠点を補ってくれます

公式 AmazonでCIOケーブルをチェックする

SMARTCOBY Pro 30W2Cの気になった点

SMARTCOBY Pro 30W2Cを約2週間使って気になった点をまとめました。

気になった点

基本スペックが旧型とかわらなかった

基本スペックが旧型とかわらなかった

CIO SMARTCOBY Proの本体は手のひらサイズ
SMARTCOBY Pro(旧型)

正直本機は満点に近い仕上がりに感じますが、気になった点を1つ上げるなら、「出力」「容量」は従来モデルと変わりませんでした。

少し変わったところで影響があるものではないので、このままでも全く不満ではないですが、スペック厨の方からすると「ん?何がかわったんだ?」と感じるかもしれません。

旧型SMARTCOBY Proとの違い

SMARTCOBY
Pro(本機)
CIO SMARTCOBY Pro SLIMの外観デザイン
SMARTCOBY
Pro(旧型)
CIO SMARTCOBY Pro インライン画像
バッテリー容量10000mAh10000mAh
ポート数2ポート
USB-C×2
2ポート
USB-C×1
USB-A×1
入力(最大)30W20W
出力(最大)30W30W
製品サイズ(約)77×56×26mm77×56×26mm
おもさ(約)178g183g
傷指紋つきにくいつきやすい
カラーブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト

何が進化したか違いをまとめました。

  • 新型は指紋と傷がつきにくい
  • 新型は入力が10W増えて30Wになり本体充電が1時間30分くらいになった
  • 新型はUSB-Aポートを廃止でUSB-Cポートのみになった

価格もそこまで変わらないので、約2年前の旧型モデルを購入するなら、間違いなく新型の本機SMARTCOBY Pro 30W2Cがおすすめです。

こっちが旧型↓

CIO
¥4,818 (2024/06/15 22:05時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

関連 CIO SMARTCOBY Pro レビュー

こっちが新型(本機)↓

CIO
¥4,818 (2024/06/13 16:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

まとめ:王道30Wモバイルバッテリーはやっぱりこのモデルだった

SMARTCOBY Proの第2世代(30W2C)は万人に受けるタイプで癖がなく、非常に使いやすかったです。

旧型モデルを持っている人は、メリットを感じれば乗り換えしていいと思います。

持っていない人で気になっているなら、全力でおすすめしたいモバイルバッテリー。

Amazonではクーポンがでていることも多いので、よかったら以下のリンクからチェックしてみてください!ではまた!

CIO
¥4,818 (2024/06/13 16:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
CIO SMARTCOBY pro review

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次