\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)レビュー|高級ラインと同じLEDディスプレイを搭載した新型iPhone用モバイルバッテリー

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)レビュー|高級ラインと同じLEDディスプレイを搭載した新型iPhone用モバイルバッテリー
お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

本記事はAnker Power Bank (10000mAh, 30W)レビュー記事です。

先に結論言うと、ビルドクオリティは高いし、高出力でMacBook Airカバーできるのはいざってときに便利。でも、ちょっと中途半端な立ち位置のモバイルバッテリーに感じた。

こびぃ

LEDディスプレイはすごく魅力的だけど、多くの方は本機よりハイブリッドモデルのAnker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)がおすすめ!

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 最大30WでMacBook Airまでカバーできるスマホ用モバイルバッテリー
  • ビルドクオリティが高い高級感あり
  • 便利な残量%表示と残時間をLEDディスプレイで表示
デメリット
  • 実際は3ポート同時に充電できるほどの容量がない
  • 10000mAhモバイルバッテリーとしては高価
  • パススルー充電非対応
Anker
¥5,990 (2024/06/16 15:16時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
スポンサーリンク
目次

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)ってどんなモバイルバッテリーか

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)がどんなモバイルバッテリーなのか「特徴」「スペック」を順にまとめます。

特徴

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)特徴
特徴
  • iPhone 14を約2回、iPadを約1回充電できる10000mAh容量
  • USB-C2+USB-A1の合計3ポート搭載
  • 最大出力30WでMacBookも充電できiPhoneなら30分で50%前後充電できる
  • GanPrimeシリーズ以外ではAnker初のLEDディスプレイ搭載モデルで一目で各状況がわかる
  • 同クラス帯の中では世界最小サイズ(2023年4月時点Anker社調べ)

本機は、iPhoneやAndroidスマホ向けで、USB PDの急速充電対応モデル。旧iPhoneの5W充電器と比較した場合、最大3倍の速度でiPhoneを満充電可能。

スペックは非凡なものを持っていて、容量10000mAhと出力30WでiPhone用モバイルバッテリーの中でもとりわけマルチに活躍できる特徴を持ちます。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のBODYのLED
左:Anker 737 PowerBank(PowerCore 24000)
右:本機

また、Anker社のGaNPrimeシリーズでMacBook用モバイルバッテリーとしても人気のAnker 737 Power Bank (PowerCore 24000) と酷似している高性能LEDディスプレイを採用しました。

こびぃ

このLEDディスプレイがあると モバイルバッテリーの残量が1%単位でわかり、あとどれくらいの時間か把握できる!従来のモバイルバッテリーの中でも飛び抜けて使いやすい機能だね。

スペック

商品名Anker Power Bank (10000mAh, 30W)
サイズ約99×52×26mm
おもさ約220g
出力【USB-C】
5V⎓3A / 9V⎓3A / 10V⎓2.25A / 12V⎓2.5A / 15V⎓2A / 20V⎓1.5A
最大30W

【USB-A】
5V⎓3A / 9V⎓2A / 10V⎓2.25A / 12V⎓1.5A
最大 22.5W

【3台同時利用時】
最大24W
入力【USB-Cのみ】
5V⎓3A / 9V⎓2A / 12V=1.5A
最大18W
容量10000mAh
急速充電規格Power IQ2.0
Power IQ3.0
※各スマホベンダー独自規格の
 対応はこちらから確認

USB-Cが2ポート・USB-Aが1ポート合計3ポートがすべて出力に対応しているため、同時小型デバイスを3台同時充電できます。

性能的にAnker PowerCore 10000 PD Redux 25Wの後継にあたる感じですね。

対応機種
  • スマートフォン
    – iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max / iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max / iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE (第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他
    – Galaxy S23 シリーズ / S22 シリーズ / S21 シリーズ 他
    – Pixel 7 シリーズ / 6 シリーズ / 5シリーズ 他
  • タブレット端末
    – iPad (第10世代) / iPad Pro (12.9インチ) (第6世代) / iPad Pro (12.9インチ) (第5世代) / iPad Pro (11インチ) (第4世代) / iPad Air (第5世代) /iPad Air (第4世代) / iPad mini (第6世代) / iPad mini (第5世代) 他
    その他対応機器
    – Apple Watch / Anker Soundcore Liberty 4 / MacBook Air (M2、2022) 他

※2023年6月時点

上記に掲載されていないiPad 無印(第7世代)も変な挙動なく問題なく使用できました。上記の旧式モデルは基本使えると思って大丈夫ではないでしょうか。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)開封レビュー

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の開封レビュー

パッケージ付属品

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)レビュー パッケージ
標準パッケージ

いつものAnkerパッケージ。Anker製品も最近フリマサイトなどで、売られているものを見ると箱ありのほうが高く売れているので、いずれ売却予定なら捨てずに保管していて損はしない。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)付属品
付属品
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)ガジェットポーチ
メッシュポーチ
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のUSB-CCABLE
USB-C to USB-Cケーブル

60cmのUSB-C & USB-C ケーブルがついているので、Android端末の人やApple製品でもiPadやMacBook Air用に使いたいなら即使用できる。

付属品
  • Anker Power Bank (10000mAh, 30W)
  • USB-C & USB-C ケーブル (0.6m)
  • 取扱説明書、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
  • カスタマーサポート

※ライトニングポートのiPhoneを使用している人は別途ライトニングケーブルが必要↓

絡まらないAnkerケーブルと通常のAnkerケーブルの比較2
おすすめは絡まらないAnkerケーブル

Ankerのライトニングケーブルは、通常のAnkerケーブル絡まらないAnkerケーブルがあるが、少々高くなるが、ストレスフリー絡まらないケーブルをおすすめしたい。

通常のケーブル↓

Anker
¥1,590 (2024/06/18 22:37時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

絡まらないケーブル↓

外観デザイン

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)表面ボディ
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)背面ボディ 印字

本体ボディは半透明でおしゃれ高級志向のデザインを採用している。これは同社の537 Power Bankと同素材ですね。

背面はPSEマークなどの各種認証マークあり。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)側面ボタン
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)ポートのチェック

若干厚めで、薄型ではない。その分、握り込んだ時に持ちやすさは感じる。

ポートはUSB-C×2・USB-A×1の合計3ポートです。どちらも出力対応で、入力はUSB-Cのみ(18W)

ディスプレイギミックが便利

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)LED画面に何もない状態
若干ディスプレイ面が四角に浮き出てる

通常時は何も写っていないボディだが…

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)LEDディスプレイ

充電デバイスを接続したり、側面の電源ボタンをおすと、LEDディスプレイが表示される。これがカッコいいんだ、そして便利。

サイズ重量

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)クレカ

サイズは約99×52×26mm。

このサイズは、3ポート搭載モデル・・・・・・・・・の10000mAhのモバイルバッテリーとしては、世界最小モデルのAnker Power Bank (10000mAh, 30W)

CIO SMARTCOBY DUOのデザイン
CIO SMARTCOBY SUO

2ポート以下ならCIO SMARTCOBY ProCIO SMARTCOBY DUOのほうが小さい。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)211g

重量は約220g(実測211g)で、同クラス帯iPhone用モバイルバッテリーと比較しても、特別軽いモデルではないが持ち運びに不便な重さでもなく快適に持ち運べます。

重量
  • サイズ:約99×52×26mm
  • 重量:約220g(実測211g)

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のポート・充電性能レビュー

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のポート・充電性能を簡単にチェックしていきます。

  • 急速充電器規格はUSB PD3.0とPPSに対応
  • USB-C2ポート+USB-A1ポートの合計3ポート
  • 最大出力30W
  • 2ポート・3ポート使用時は合計24W
  • 便利なパススルー充電は非対応
  • 発熱は長時間充電でも40℃くらい

急速充電規格はUSB PD3.0とPPSに対応

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)にUSB電流・電圧チェッカーを使用して急速充電規格のUSB PD急速充電リストについて確認してみた。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の急速充電リスト
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)はPPS対応
USB PDのPDOチェック
USB PDのPDOとは

充電器の電流(A)と電圧(V)の組み合わせリストのこと。

PDOに表示される組み合わせで、接続するデバイスごとに最適なものを選び充電できる。よって、小型デバイスに接続しても故障せず安全に充電できます。

こびぃ

GalaxyやGoogle PixelといったPPS対応のAndroid端末を所持してる人はかなりの恩恵を受けるね!

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)が対応している急速充電規格

  • USB PD3.0
  • Quick Charge 4+
  • Samsung(Adaptive Fast Charging)
  • Huaweri(First Charge Protocol)(Smart Charge Protocol)

Apple2.4とPD3.0に対応しているので、よくある急速充電器といったところ。本機はMediaTek(Pump Express)には非対応。

公式ページには明確に記載がなかったが、PPS対応で3.3=11V/2.75Aで急速充電可能。

画像のとおり、スマホベンダー(各社)開発の様々な独自規格に対応で、幅広く製品を急速充電できる。

USB-C2ポート+USB-A1ポートの合計3ポート

USB-C2ポート+USB-A1ポートの合計3ポート
3台まで同時充電

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)は、10000mAh容量のモバイルバッテリーには珍しい3ポート搭載ですべて出力に対応したモデル。

容量10000mAhで3台同時充電を現実的に考えると、以下のような充電になるんじゃないでしょうか。

iPhone・AirPods・Apple Watchのような小型タイプの充電だとすべて同時に満充電。みたいな感じ。

1ポート最大出力30W

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)でMacBook Air充電
スマホ以外にMacBook Airクラスのラップトップも充電できる出力
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)での充電ワット数29W
約29W

出力30Wあるので、MacBook Airを急速充電できるパワーを誇る。

ただし、容量的にラップトップ向きではないので、緊急時に30%〜充電したい!みたいな状況で想定しておいたほうが良いです。

やっぱり、iPadやiPhoneと言ったスマホ向けのモバイルバッテリーですね。特にiPhone(スマホ)の充電機器として相性が1番良いでしょう。

USB-Aポートの22.5W出力はHuawei機器のみ対応している

iPhone 14 Proの満充電は約1時間40分

iPhone 14 Proの充電時間

30%で約60%充電

充電時間30分

充電量約60%

52分で80%充電でトリクル充電に移行

充電時間52分

充電量80%超え、低速のトリクル充電に切り替わった

1-41分でフル充電

充電時間1時間41分

100%充電完了

2ポート・3ポート使用時は合計24W

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)は2台・3台同時に充電できますが、どちらも合計24W内で出力は調整されます。

2ポート使用:合計24W

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)でiPhoneとiPad Proを充電
2第同時充電
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のiPhone充電ワット数
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のiPad Pro充電ワット数
出力
iPhone 14 Pro約10W
iPad Pro約11W
合計21W

2台充電時はiPhone側に10W、iPad Pro側に11出力は理論値に近い21Wになりました。

デバイス・モバイルバッテリー側どちらも、発熱は問題なく、充電状況もスペック通りといったところ。

本機は、ほとんどの人がこの2ポート使用もしくは1ポート使用がメインになると思います。

3ポート使用時:合計24W

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)で3台同時充電
3台同時充電
約9W
3ポート使用時のiPhoneの充電ワット数
3台同時充電時のiPad Proワット数
出力
iPhone 14 Pro9W
iPhone SE34W
iPad Pro11W
合計24W

出力はキレイに24Wを分け与える結果に。充電効率の高さはさすがAnker。進化したPower IQ4.0は伊達じゃない。

でももちろん便利なんだけど、やっぱり3ポート同時充電をするには容量がちょっと厳しい。全部が中途半端な状態でしか充電できない。

こびぃ

容量10000mAhだと限られたデバイスしか同時に満充電できないと思う

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)でiPhoneとAirPods ProとApple Watchを充電

ってなことで、

容量10000mAhで3台同時充電を現実的に考えると、iPhone・AirPods・Apple Watchのような小型タイプデバイスを同時に満充電するような使い方が理想的。これなら大丈夫。

便利なパススルー充電は非対応

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)パスするー充電なし
パススルー充電できない

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)は、本体に入力、本体から出力を同時に行うパススルー充電に非対応。

近年のiPhone用モバイルバッテリーはパススルー搭載モデルがほとんどだったので、これは結構残念。

モバイルバッテリーで、iPhoneを充電しながら帰宅する

そのままモバイルバッテリーをiPhone用充電器に挿して充電継続しながら、デバイスの充電を満充電

手動切替不要でそのままモバイルバッテリー本体を満充電

この楽ちんモードで充電ができないので、パススルー充電多用してる人や使おうと考えてた人はおすすめできません。

モバイルバッテリー本体の満充電時間は約1時間45分

1時間46分で急速充電

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)への入力は最大18W。

出力30Wと比較すると見劣るが、10000mAh容量のモバイルバッテリーは10~20Wの入力が多いので決して悪い数字ではない。

1時間45分もあれば0%→100%で充電できるので、デイリーユースとしても使いやすいと言える。

発熱は長時間充電でも40℃くらい

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の温度
内部は約34℃〜44℃
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)の表面温度33.9℃
表面温度は人肌以下くらい

iPhoneを0%→100%にする過程の50%ほどのとき、つまり1番出力があがりiPhoneを急速充電してるタイミングを見計らって温度計測しました。※充電開始から約30分経過

結果は、サーモグラフィで内部温度の1番熱い箇所が44℃表面温度は約34℃で安全に使用可能。ActiveShield™️が機能している結果です。

ActiveShield™️ 2.0のおかげで発熱しても抑えられる

本機は、Anker従来の多重保護システムとプラスで、温度上昇の監視回数を2倍にした「ActiveShield™ 2.0」を採用。

充電器本体の熱が規定の温度に達した場合、速やかに電流 / 電圧の負荷度合いを調節して、過度に温度上昇しないような安全システムも備わっています。

何を充電するのがベストか:やっぱりiPhoneやAndroidスマホがメインだと思う

何を充電するのがベストか:やっぱりiPhoneやAndroidスマホがメインだと思う
やっぱりiPhone・スマホ向けのモバイルバッテリー

1ポートで最大30Wで充電できるからMacBook Airを急速充電できるパワーがある。

しかし、容量的にラップトップ向きではないので、緊急時に30%〜充電したい!みたいな状況で想定しておいたほうが良いです。

やっぱり、iPhone(スマホ)をメインにしたモバイルバッテリーですね。

iPadなどのタブレットにも対応できますが、特にiPhone(スマホ)の充電機器として相性が1番良いでしょう。ただ、そう考えるとやや割高感が否めない。

コビロボ

そう考えると3ポートあっても容量が10,000mAhなら同時に充電する場面が少ないんだよね。

他のスマホ用10000mAh容量モバイルバッテリーとの比較

他のスマホ用モバイルバッテリー1000mAh
スクロールできます
製品最大出力
ポート数
容量
サイズ(約)
重量
価格(約)
Anker Power Bank
(10000mAh, 30W)

※本機
30W
3ポート
10000mAh
80×43×32mm
187g
6,000円
CIO SMARTCOBY
DUO
20W
2ポート
10000mAh
99×55×25mm
180g
3,900円
CIO SMARTCOBY
Pro
30W
2ポート
10000mAh
77×56×26mm
183g
4,800円
Anker 521 Power Bank

(PowerCore Fusion 45W)
40W
2ポート
10000mAh
71×60×31mm
200g
9,000円
リンクはAmazonアソシエイトリンク
こびぃ

人気おすすめiPhone用のモバイルバッテリーを参考に、スマホ用のおすすめモバイルバッテリーを4つに絞ってみたよ!

似ているモバイルバッテリー4機で比較してみると、サイズ感もそれぞれの構成は結構違うことがわかります。

あなたはどのモバイルバッテリーがおすすめ?

本機Anker Power Bank (10000mAh, 30W)は、10000mAh容量で唯一の3ポート仕様。かつ、この中では1番質感が高く高級感もあり、出力も30Wと高いです。最新型で便利なLEDディスプレイが欲しいならこれ。

CIO SMARTCOBY DUOはコスパ最強のiPhone用モバイルバッテリーとしても人気を博しているモデル。iPhoneやAndroidスマホしか充電しないなら、コスパ重視ならこれがいいです。

本機と出力や容量といった構成が酷似していて、ポート数が3→2とやや劣るもののサイズが非常にコンパクトなのがウリで持ち運び特化のCIO SMARTCOBY Pro

Anker 521 Power Bankは、コンセントつきのハイブリッドモデル。充電器とモバイルバッテリーをひとまとめにしたい方の強い味方。コンパクト設計ながら、充電器時は特に活きるシュルよく45Wが魅力的。

Anker
¥5,990 (2024/06/16 15:16時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
CIO
¥3,938 (2024/06/15 17:24時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
CIO
¥4,818 (2024/06/15 22:05時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
Anker
¥8,990 (2024/06/19 22:00時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
コビロボ

CIOとAnkerってどっちがおすすめなの?

こびぃ

Ankerに比べるとCIOって初期不良が多い!って聞くことあるけど、モバイルバッテリーや充電器に関して言うと、ボクはAnkerのほうがハズレを引いたことあるから、結局モノ?によるのかなぁ

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)レビュー【まとめ】

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)のレビューでした。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 最大30WでMacBook Airまでカバーできるスマホ用モバイルバッテリー
  • ビルドクオリティが高い高級感あり
  • 便利な残量%表示と残時間をLEDディスプレイで表示
デメリット
  • 実際は3ポート同時に充電できるほどの容量がない
  • 10000mAhモバイルバッテリーとしては高価
  • パススルー充電非対応

おすすめの人

  • iPhoneやAndroidスマホ、さらにはiPadをメインで充電する
  • いざって時にMacBook Airクラスを充電したい
  • 3台同時充電することがある
  • LEDディスプレイで視認性を上げてモバイルバッテリーの状況をより把握したい
  • モバイルバッテリーにも高級質感を求めてる

本機は、10,000mAh用のモバイルバッテリーとしては、最強クラスに近いスペックを誇ります。

ただ、3ポートで30Wも出力があるのに容量が10000mAhしかないという特徴が足かせとなり、中途半端な立ち位置になっています。

用途が明確で、基本的に2台までしか充電しない。でも保険的に3台同時に充電できたりMacBook Airを充電する力が欲しい。

このような考えがあれば、買って損はしないので気になる人はぜひチェックしてくださいね!ではまた!

Anker
¥5,990 (2024/06/16 15:16時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

iPhone用おすすめモバイルバッテリーはこちらからチェック↓

お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)レビュー|高級ラインと同じLEDディスプレイを搭載した新型iPhone用モバイルバッテリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次