\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンド レビュー|弱点を克服して帰ってきた新型Apple認定モデル合計最大25W

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドでApple Watch充電

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドのレビュー記事です。

本記事はESR様から製品をご提供いただき作成しています。

関連 MagSafe充電スタンドのおすすめ【まとめ】

目次

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドの特徴レビュー

早速、ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドの特徴をまとめました。

特徴・メリット
  • Apple認定15WMagSafe充電
    →従来モデルの出力倍で弱点克服
  • 合計最大25W充電
    →iPhone・Apple Watch・AirPods(Pro)をすべて充電を最大効率化に成功
  • 冷却機能CryoBoostファン搭載
    →より涼しく、より早くを実現
  • 睡眠モード搭載
    →ワンタッチで静音モードに切り替えて睡眠の邪魔にならない
  • 圧迫感のない清潔感ある造形
    →ホワイトカラー×アルミが現代的な直線美デザインとマッチ
  • ACアダプターからの開放
    →従来型のACアダプタータイプからUSB-Cタイプへ切り替わり

順に見ていきます。

Apple認定15WMagSafe充電

従来モデルの出力倍で弱点克服

MagSafe3-in-1で充電

SR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドは、昨年発売の従来モデルからMagSafe出力が倍になり7.5W→15Wになり大幅な進化を遂げました。

当時のレビューでも弱点に挙げてた7.5W出力を克服してくれたんですよね。

あとで充電速度を書くけど、現在市場に出回っているMagSafe対応充電器の中で一番はやくiPhoneを充電できる充電スタンドだと言っても過言ではない代物です。

こびぃ

あとで充電性能を書くけど、この子はとんでもないモンスターだったよ。

合計最大25W充電

iPhone・Apple Watch・AirPods(Pro)をすべて充電を最大効率化に成功

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドで-in-1充電

すでに3-in-1の充電器は世に出回っているのですが、実は合計25W充電できるMagSafe充電スタンドはほんの一握りです。

特に急いでいる場合の充電で何も不便を感じることがなく、2023年においてワイヤレス環境では最高のシチュエーションでAppleデバイスの充電が可能になります。

冷却機能CryoBoostファン搭載

より涼しく、より早くを実現

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの冷却ファン

従来モデルでも強烈なインパクトを残したこのESRオリジナルの「冷却機能CryoBoostファン機構」

iPhoneをMagSafe充電する際のデメリットの1つは放熱性が低下して、本体が発熱すること。これはApple純正のMagSafe充電器でも確認済みの事象です。

充電速度が落ちることはもちろん、発熱はガジェットの大敵。iPhoneの寿命をゴリゴリ削ってきます。

このリスクを低下させることに一役買ってくれるのがこの冷却機能CryoBoostファンというわけ。

こびぃ

iPhoneを大切に使いたい人ほどこの冷却ファン搭載の充電スタンドをおすすめしたい!

睡眠モード搭載

ワンタッチで静音モードに切り替えて睡眠の邪魔にならない

本気の目玉機能のファンですが冷却できるメリットの反面騒音デメリットがあるんですけど寝室で使うことを前提に設計されててしっかりデメリット対策されてます。

睡眠モード
睡眠モードは青色LEDが消える

それがこの睡眠モード。ボタンをワンタッチするだけでLEDライトが消える。

こびぃ

ボクは従来モデルを寝室で使ってたけど、本当にいいよこれ!寝てないときは睡眠モードオフで普段はサブ機を充電したりもできるし。

睡眠モード時はCryoBoostが作動しません

圧迫感のない清潔感ある造形

ホワイトカラー×アルミが現代的な直線美デザインとマッチ

ESRといえば、10年くらい前はApple製品のアクセサリーを激安で販売していたイメージがありますが、そんなのはもう過去の話。

ちょっと前に紹介したiPadのケースもそうだし、本気もそうですけど、過去からは考えられないくらいいいんですよ!全体の質感・ビルドクオリティが!

これこそ百聞は一見にしかずで、画像を見てもらったら手っ取り早いかと。

本体デザイン
直線美
きれいなアルミ
アルミにバリなし
清潔感がすごい
Apple Watchが一体型になり旧型よりまとまりあるデザインへ
横から
サイズはそこそこありながらシュッとした切れのあるデザイン

おしゃれデザインを極めてきてるなぁという印象。

その分お高いんでしょう価格になっていて、お財布にはかなり厳しいですが、数年毎日使うことを考えるとこのクオリティなら相応かな?とも言える充電スタンドに仕上がってます。

ACアダプターからの開放

従来型のACアダプタータイプからUSB-Cタイプへ切り替わり

旧型・新型を上部から
左:旧型
右:本機(新型)

過去モデルはこのようにACアダプターを差し込んで充電するモデルでしたが、本機はUSB-C to USB-Cで充電できるモデルへ進化。

専用ACアダプターでフェライトコアがあるとコイル鳴き・ノイズが発生しなくていい!って思いますが、本機もまともな充電器を選んでたら大丈夫です。

ちなみに付属の充電器で問題なかったので、心配は不要でしょう。

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドの開封レビュー

デメリットより圧倒的にメリットが多い本機ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドの開封レビューをしていきます。

付属品

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンド パッケージ_
パッケージ
厳重に梱包されてる
本体に傷がつかないようにはいってる

近年のESRらしい所有欲を満たそうとしてくれる丁寧な梱包で入ってます。

ESRのペラペラパッケージだったのがなつかしい。今は別の顔「高級感」が溢れ出てて昔からのESRファンとしては感慨深い。

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの付属品

充電スタンド用の充電器とUSB-C to USB-Cケーブルが同梱されてるので、開封して即使用できるようになってます。

付属品
  • ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンド本体
  • 充電器
  • USB-C to USB-Cケーブル(1.5m)
  • 取り扱い説明書
  • 保証の案内
ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの付属ケーブル
1.5mのUSB-Cケーブル
ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの付属充電のポート部分
PD対応充電器

清潔感を前面に押し出した外観デザイン

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの表面

特徴部分で見たとおり、シンプル×直線美なデザイン。

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドのiPhone充電部分はMagSafe磁気

MagSafe部分は筐体の硬質プラ部分より、ソフトな材質を使用していて、iPhoneをくっつける時に傷などがつきにくくなってます。

新型のiPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Maxのチタンは傷が付きやすい!みたいな情報がでてるので、タイムリーではないでしょうか。

iPhone充電時に青く光る

iPhone充電時は青色LEDが点灯。柔らかい光で暗闇でも視界の妨げになりにくいです。

iPhoneをくっつけると光はほぼ漏れません。

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの本体ボディ

AirPods部分は、若干窪みがありちょうど収まるように作つくられてます。

よくあるAirPods部分だけ、シリコンタイプの材質になっていないので、ホコリや汚れもつきにくくてありがたい。

背面

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの背面

CryoBoostの主張が激しいので、背面を魅せるような設置は難しいと思う。

いちいちESRロゴがかわいい

付属の1.5mケーブルを背面下部のUSB-Cポートに差し込んでしようします。付属の充電器は最大33Wの急速充電対応モデル。

デスク以外でも使いやすい

寝室でもOK

本機は無駄な装飾もなく、ロゴなども目立ちにくいためデスク以外でもかなりつかいやすいビジュアルになってます。

「睡眠モード」が搭載されているくらいだから、寝室で使うことも想定された設計だと思う。

Apple Watchは別途ケーブルが不要の一体型

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドのApple Watch充電部分は付属していて5W

Apple Watch充電ができるAppleデバイス同時充電スタンドは、Apple Watch充電用に別途ケーブルが必要なモデルが結構あります。

本機の一世代前の旧型もケーブル必須でしたが、本機から一体型になりより便利によりミニマルになりました。

底面はラバー材質の滑り止め4点あり

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの四点ゴム足

底面中央部にFCやCEリサイクルマークなどの印字があり、四隅には滑り止めのゴム足がついてて、設置場所からずれにくくなってます。

充電性能・速度チェック

充電速度計測

今だとiPhone 15 Proとかで充電したいのですが、あいにくまだ手元になく…しかもiPhone 14 ProはESRのカーマウントで満充電。ってことでiPhone 13 Proを充電しました。結果は以下のとおり。

30分経過37%
60分経過70%
90分経過91%
120分経過97%

いや、まってこれMagSafe充電なの?!ってくらいの速度で充電ができちゃいます。

1時間で70%充電完了するのはMagSafe充電の常識ではありえなかった」。

こびぃ

ほんとこれ有線充電クラスだわ。ちなみに今有線で20Wで給電するとだいたい30分で50%前後、60分で85%前後で充電できます。

ESR 15W MagSafe車載充電器ホルダーを充電する
車用のESR MagSafe充電器ホルダー

ESR 15W MagSafe車載充電器ホルダーでビックリするくらいの充電速度を見せた今年のESR MagSafe充電機でしたが、MagSafe充電スタンドになるとさらに良い意味で常軌を逸してました。

ボクは数多くのMagSafeスタンドを試して来ましたが、充電速度で言うと本機がダントツ1位で同社の新型車載ホルダーと並んでトップオブトップ。

AirPodsもApple Watchも急速充電可能

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドdeAirPods Pro充電
ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドでApple Watch充電

AirPods(Pro)その他Qi充電対応のワイヤレスイヤホンは最大5Wの急速充電ができます。

こびぃ

AirPods Pro第2世代だと、0%の状態から充電するとイヤホンがだいたい50分くらいで満充電できて、ケースの満充電がだいたい3時間30分〜4時間くらい

Apple Watchは最大7.5Wの高速充電には対応してませんが、5W充電できるのでApple Watch 6を充電するときくらいの速度で充電できます。

こびぃ

Apple Watchをだいたい60分で70%前後で充電できますよ。Ultraは気持ち10%くらい下がって60%前後くらいだと思う(未検証)

発熱もかなり抑えられてる

約38.5℃
30分後は38℃

充電器が一番頑張っている、iPhoneが0%から30分くらい充電したときの温度。

わろた。iPhoneも充電器も40℃いってない。人間が高熱出したときくらいの温度。

いまだかつて、MagSafe充電中のiPhoneが40℃を切ることがあっただろうか、否なかったはずだ。

これマジずば抜けていい。価格が高いだけある。

1時間後は32℃
1時間すぎは32℃

さらに低速充電入ったくらいで計測してみると、もはや体温より下がった状態の29℃くらいになってる。(奥のモニターが32℃)

冷却ファンのCryoBoostマジですごいなぁ。確実に従来モデルより進化してる。

温度計測したiPhoneはiPhone 13 Proです。

【充電&発熱まとめ】本機は充電性能がおかしいことになってるMagSafe充電スタンド

MagSafe充電の速度
MFM認証
冷却ファン
CryoBoost

ESRのMFM認証充電スタンド×オリジナル冷却ファン「CryoBoost」の掛け合わせは冗談抜きで反則級。しかも発熱しないと来てますからね。

iPhone 15 Pro/Pro Maxはチタニウム(チタン)の影響なのか、かなり発熱するとのことなのでiPhone 15 Pro/15 Pro Maxを少しでも長持ちさせたい人は、今のところ本機一択だと思う。

サイズおもさ

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドのサイズは大きめ

本機はMagSafe充電スタンドの中でもそこそこ大きめのサイズの160×183×90 mm

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドの重量424g

おもさは424g、従来モデルより約50g軽量化に成功しています。

本体はほぼ硬質プラでできているので、かなり軽いです。軽いのに耐久性が高いタイプ。(旧型がそうだった)

こびぃ

軽いからといっても安定感がないわけではなく、底面の滑り止めがいい仕事してくれますよ!

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドの気になった点

本機ももちろんメリットだけでなく気になった点があるので紹介。価格が高いは前提の話で除外してます。

デメリット
  • MagSafe部分の角度調整ができない

MagSafe部分の角度調整ができない

角度調整負荷

MagSafe充電スタンドを選ぶ時に重要視する人も多いであろMagSafe部分の角度調整が本機ではできません。

MagSafeでガチッと固定してるタイプで、利便性<見た目を採用した結果に。

その分直線美に繋がってるわけで、利便性と見た目がトレードオフになってます。

どのESR MagSafeスタンドがおすすめか

スクロールできます
ESR HaloLock 3in1
ワイヤレス充電器
冷却Ver.
新型(本機)
ESR HaloLock 3in1 ワイヤレス充電器インライン画像
ESR HaloLock 3in1
ワイヤレス充電器
冷却Ver.

ESR 3-in-1 MagSafe 充電スタンド 冷却ver.インライン画像
ESR HaloLock 3in1
ワイヤレス充電器
(本機)
ESR 3-in-1 MagSafe 充電スタンド 省スペース インライン画像
サイズ
(約)
16×90×18.3 cm16×9.5×18.0cm9.5×9.5×17.8cm
おもさ
(約)
424g471g344g
出力iPhone:15W
Apple Watct:5W
AirPods:5W
iPhone:7.5W
Apple Watct:5W
AirPods:5W
iPhone:7.5W
Apple Watct:5W
AirPods:5W
冷却機能×
Apple
Watch
充電
一体型別途ケーブルを購入ドックが付属
おすすめの人・iPhoneを長持ちさせたい
・MagSafeで一番早く充電したい
・iPhoneを冷やしたい
・コスト重視
・省スペース設置したい
・コスト重視
価格17,999円9,000円9,000円

従来型(旧型)を買うならちょっと高いけど、1ヶ月くらいお小遣いためて絶対に本機がおすすめです!長期的に使うならなおのこと。

で、冷却ファンがついてない縦長タイプのESRスタンドは設置する場所が限られている人や、存在感をなくし省スペースで展開したいならGOしちゃいましょう。

関連 ESR 3-in-1 HaloLock ワイヤレス充電スタンドレビュー

ESR
¥10,190 (2024/04/13 00:54時点 | Amazon調べ)

関連 ESR HaloLock 3-in-1 ワイヤレス充電器 レビュー

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドレビュー【まとめ】

ESR 15W 3-in-1 MagSafe充電スタンドレビューでした。

スペックだけで言うと群を抜いて本機が最強です。間違いない。(2023年9月時点)

iPhoneの発熱を抑えながら爆速でMagSafe充電したいなら本機一択!興味あれば商品ページチェックしてくださいね!ではまた!

ESR 15W 3in1 MagSafe充電スタンドでApple Watch充電

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次