Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)長期レビュー|Anker初のリップスティックでコンセント一体型ハイブリッドモバイルバッテリー

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)長期レビュー|
お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

この記事ではAnker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の長期使用レビューを書きます。

本機は、販売してから少し経ちますが、諸事情でずっとレビューできませんでした。(時間なくてただの後回しです…いいわけ)

本機は、発売当時に超話題となったAnker初のリップスティック型超スリムモバイルバッテリー。

iPhone(スマホ)を日々充電できるように持ち運びやすく、かつコンセント付きで自宅兼外出用のハイブリッドタイプとして人気を博しています。

使ってみた感想は、スリムタイプは持ち運びやすくてよかったけど、この形に魅力がなければ敢えて購入する必要はなし。本機よりAnker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)の方が利便性は高かった。

では見ていきましょう!

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
総合評価
( 4 )
メリット
  • Fusionシリーズ初のリップスティック型でミニバッグに収めやすい
  • 1台2役のハイブリッド設計
  • 本体の充電がラク
デメリット
  • ストラップはあるが防滴防塵性能はないので使いにくい
  • 本体充電時はコンセントを選ぶ
スポンサーリンク
目次

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)ってどんなモバイルバッテリーか

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)がどんなモバイルバッテリーか「特徴」「スペック」を紹介します。

特徴

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の特徴
特徴
  • Anker初のリップスティック型スリムモバイルバッテリー
  • 容量5,000mAhでiPhoneを平均1回充電可
  • iPhoneを急速充電できる出力20W
  • コンセント一体型のハイブリッドタイプ
  • ボディはマットと光沢のミックスタイプ

スペック

製品名Anker 511 Power Bank
(PowerCore Fusion 5000)
重量約170g
サイズ横幅:113mm
奥行:30mm
厚み:30mm
容量5000mAh
ポート数1ポート
(USB-C×1)
出力
USB-C
5V=3A
9V=2.22A
最大20W
入力
AC
100-240V~ 0.5A 50-60HZ
急速充電性能PD・QC対応 PowerIQ 3.0 (Gen2)
容量5,000mAh
プラグ折りたたみ
カラーブラック
ホワイト
ブルー
ピンク

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)レビュー

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のレビューを書いていきます。

パッケージ付属品

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のパッケージ
パッケージ
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の本体付属品
付属品
透明テープ
本体には透明テープついてるAnkerの気遣い

近年Anker製ハイブリッドモバイルバッテリーでよく使われている紙ベースのパッケージ。付属品はシンプルです。

付属品
  • Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000) 本体
  • 取扱説明書
  • 18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
  • カスタマーサポート

外観デザイン

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の表
全面
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の側面
側面
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)は片手でモテる幅
横幅10cm超えるが持ちやすい

カラーは4色あり、ボクは安定のブラックを購入しました。

全体的にマットな質感ですが、Ankerロゴが入っているあたりは光沢感があり、メルセデスのインパネ周りで使われてそうな高級感があります

ストラップつき

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のストラップ部分
ナイロンタイプのストラップ

ストラップついているので、なにかに引っ掛けたりここを持つことができます。

ただ、このストラップにはあまり必要性を感じてなくて、有効的な使い方はなかなかできません。

プラグ(コンセント)一体型で収納可能

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のコンセントしまった状態
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のコンセント出した状態
90℃スイング

プラグ(コンセント)一体型タイプのハイブリッドモバイルバッテリーで、このプラグをスイングさせて、出したりしまったりできる収納可能なタイプ。

プラグが収納できず、ずっと飛び出しているタイプは非常に使いにくいので、持ち運び特化のリップスティック型との相性は抜群です。

残量は4段階LED表示

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)LED表示
バッテリーはLEDで4段階表示
充電時はLEDライトで充電量を示す
充電時も残量がわかる

本機は、容量0%〜100%を4段階に分けて、モバイルバッテリーの容量の残りを知らせてくれます。

サイズ重量

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のサイズ
重量169g
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の重量169g
重量169g

サイズは、一辺のみじ100mmを超える長方形タイプで約113 x 30 x 30mmです。

重量は170gと充電器としては若干重みがありますが、本機はハイブリッドタイプなので平均的な数値。

サイズ重量
  • サイズ:約113 x 30 x 30mm (プラグ部を除く)
  • 重量:約170g

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の充電性能・使用感

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の1番重要な充電性能・使用感を確認します。

本機は、Anker独自のPowerIQ 3.0 (Gen2)に対応しているため、より充電効率を上げれるPD・QCで充電することが可能。

ポート1ポート
(USB-C)
出力5V=3A
9V=2.22A
最大20W
容量5000mAh

本機はケーブルはついていないので、別途準備が必要。おすすめはAnker 絡まらないケーブルです。

ハイブリッドタイプで充電器・モバイルバッテリーとして使える

充電器とモバイルバッテリーとして使える
充電器⇄モバイルバッテリー
切り替えがシームレス

充電してて、このままモバイルバッテリー状態に切り替えてサッと外出も可能。ハイブリッド型はこれが本当に便利。

数ヶ月数日に一度使用を継続していましたが、なんら問題なく使用できています。

容量5,000mAhでiPhoneを約1回充電できる

MagSafeモバイルバッテリーだと容量5,000mAhで、充電ロスが発生して0.8回前後しか充電できません。

しかし、本機は有線タイプ。容量5,000mAh×有線タイプのモバイルバッテリーは新型iPhoneを1回はフル充電できます。

1ポート最大20W出力でiPhone・iPadを急速充電できる

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)でiPhoneiPadを充電する
iPhone・iPadを充電できる20W出力
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)で充電器状態で充電は18W
充電器時
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のモバイルバッテリー状態での出力15W
モバイルバッテリー時
理論値実測値
出力20W充電器で18.5W
モバイルバッテリーで15.7W

出力20W=iPhone・iPad(Pro以外)を急速充電できるパワーなので、充電器として使うときはiPhoneとiPadの充電器として使用。

モバイルバッテリーのときは、容量が5,000mAhしかないので、iPadではなく「iPhone・Apple Watch・AirPods」用として使うと良いです。

本体充電はコンセントのみ

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の充電時間2時間30分くらい

USB-Cは出力のみで、入力に非対応です。よって、Anker 511 Power Bank本体を充電する場合はコンセントから充電を行う必要があります。

入力:100-240V~ 0.5A 50-60HZ(日本以外でも使用可)

本体充電時間:2時間30分←実測2時間23分でした

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のメリット・デメリット

実際に使ってわかったAnker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のメリットとデメリットをまとめました。

メリット

メリット
  • Fusionシリーズ初のリップスティック型でミニバッグに収めやすい
  • 1台2役のハイブリッド設計
  • 本体の充電がラク

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)のメリット3つを見ていきます。

リップスティック型でミニバッグに収めやすい

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)はガジェットポーチにも入れやすい
細いのでかさばらない

リップスティック型、最大のメリットは「狭い隙間」「マチがないガジェットポーチ」に収納できること。

これまでモバイルバッテリーが入らなかったミニバッグなんかも使えるようになります。

1台2役のハイブリッド設計

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)でiPhone充電
コンセントあれば充電器
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)を持ち運ぶ
持ち運びはモバイルバッテリー

自宅やコンセントのあるカフェではiPhoneやiPadの充電器。

コンセントがない場所はモバイルバッテリーとして使用できる充電器。

これがAnkerモバイルバッテリーで今までにないスリムタイプになっているのが、新たなハイブリッドタイプということで注目されています。実際に使いやすいですし。

本体の充電がラク

充電時の挙動
プラグを差して即充電

本体の充電は、本体付属のプラグをコンセントにさすだけ。めちゃくちゃラク。

これはコンセント一体型ハイブリッドモバイルバッテリーの特権です。

※USB-Cポートにケーブルを差し込んだ本体充電はできません

デメリット

デメリット
  • ストラップはあるが防滴防塵性能はないので使いにくい
  • 本体充電時はコンセントを選ぶ

ストラップはあるが防滴防塵性能はないので使いにくい

本機のストラップは使いやすいのかな?って思ってたんですけど、ほぼ使いません。

理由はストラップを必要とする場面があまりにも少ないため。

これに防滴防塵性能が日常生活レベルの耐性が備わっていれば、バックパックやショルダー・トートなどにぶら下げることができてかなり便利な気がしたんですけどね。残念。

本体充電時はコンセントを選ぶ

太めのコンセントがあってもAnker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)を差し込める

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)を充電する場合は、壁差しコンセントで充電するのがデフォルトになりそう。

理由は、タップタイプのコンセントだと、周囲のコンセント穴を塞いでしまうので、効率的に充電するつもりが他コンセントがつかえないことによって結果的に非効率的になってしまいます。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)はコンセントと相性悪い
ケーブルタップと相性良くない
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)をケーブルに差し込み
横向きで充電するのでコンセントがうまる
*本体のプラグ部分は回転不可
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)で充電
なら端で充電するも…
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)は幅をとるのでタップタイプのコンセントと相性悪い
30W小型充電器でも干渉する

次回作でプラグ部分が回転するなどの改善があれば、欠点が見当たらないモバイルバッテリーになる予感。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)がおすすめの人

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000) メリット・デメリット

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)はどんな人におすすめできるかまとめました。

おすすめの人
  • 充電器とモバイルバッテリーをまとめたい
  • 充電するデバイスがiPhone(スマホ)もしくはiPad(タブレット)
  • モバイルバッテリー時はiPhoneを1回充電できればいい
  • 少しでも荷物を減らしたい

本機は基本的に、iPhone(スマホ)メインで充電する人向けのコンセント一体型のハイブリッドモバイルバッテリーです。

軽快に持ち運びながら、好きなときに充電しつつ、残量が減ったらコンセントへ差して充電器としても使えるモバイルバッテリーは一家に一台あるとかなり便利ですよ。

こんな人はおすすめできない

逆にAnker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000を「おすすめできない人」をまとめたので「参考記事」をヒントに自分の求めてるモバイルバッテリーが良いですよ。

おすすめできない人

万能モバイルバッテリーが一つ欲しいなら、Ankerモバイルバッテリーではなく、CIOモバイルバッテリーのCIO SMARTCOBY TRIO(65W3ポート)がおすすめ。

CIO
¥9,680 (2024/06/12 10:14時点 | Amazon調べ)

他にAnker製でおすすめのハイブリッドモバイルバッテリーもある

本機のようなハイブリッドタイプでさらにスペックが高くおすすめモバイルバッテリーを探しているなら、次の表を参考にしてください。

きっと求めてるハイブリッドモバイルバッテリーが見つかります。

スクロールできます
おすすめ
ハイブリッドモバイルバッテリー
特徴
Anker 521 Power Bank
(PowerCore Fusion 45W)

Anker521PowerBank(PowerCoreFsion 45W) インライン画像
・コンセント一体型で最大45W出力
・MacBook Airを急速充電可
Anker 733 Power Bank
(GaNPrime Power Core 65W)

Anker 733 Power Bank インライン画像
・コンセント一体型で最大65W出力
・Anker最高峰ブランド「」
・MacBook Proも充電可

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)レビュー【まとめ】

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)レビューを書きました。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
総合評価
( 4 )
メリット
  • Fusionシリーズ初のリップスティック型でミニバッグに収めやすい
  • 1台2役のハイブリッド設計
  • 本体の充電がラク
デメリット
  • ストラップはあるが防滴防塵性能はないので使いにくい
  • 本体充電時はコンセントを選ぶ

決して性能が低いとか、欠陥があるわけではないので、充電機器としては魅力的な1台に間違いありません。

ですが、冒頭にも書きましたが、スリムタイプは持ち運びやすくてよかったけど、この形に魅力がなければ敢えて購入する必要はなし。

本機よりMacBook Airまで充電できるAnker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)の方が利便性は高く感じます。

ただ521もMacBook AirやiPad Proを持っていないと、使いこなせないので、自身のもってるデバイスに応じて選択してくださいね!ではまた!

関連 Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion 45W)レビュー|MacBook AirやiPad Proを急速充電できるハイブリッド型充電器

お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)長期レビュー|

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次