\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ レビュー|第2世代(INC009)になりパワーアップした人気USB-Cハブ

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ レビュー|第2世代(INC009)になりパワーアップした人気USB-Cハブ
お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

MacBookアクセサリーiPadアクセサリーで必須とも言えるUSB-Cハブ。今回は「Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ」のレビューを書きます。

先にこのハブがどんなハブなのか、以下にメリット・デメリットをまとめているので参考にしてくださいね。

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 必要な物がほぼすべて揃った7-in-1の多機能USB-Cハブ
  • 多ポートタイプかつ有線LANポート搭載型なのに厚みがない
  • 角の処理が丁寧で美しいデザイン
  • ケーブルが長いでスタンドと相性が良い
  • 爆速データ転送可能
デメリット
  • SDスロットがUHS-Ⅱ非対応
  • USB-Cポートは映像出力非対応

この製品はBelkin様より製品提供いただき作成していますが、先方より記事内容への指示等はなく、著者の率直な感想・意見でレビュー記事を構成してます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
スポンサーリンク
目次

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの特徴・スペック・従来型と比較

シャープなデザインでお馴染みのBelkinから登場した新型USB-Cハブ「Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ(第2世代)」の特徴・スペックと第1世代との比較を順に見ていきます。

特徴

特徴
  • 7-in-1タイプで必要ポート全搭載型の万能USB-Cハブ
    • USB C/Aの高速データ転送、有線LAN接続、SD/MicroSD、4KHDMI
  • USB-CはPD3.0、100W高速充電・10Gbpsデータ転送可能
  • 無駄なデザインを削ぎ落としたシャープなデザイン

特徴からみて、ホスト側のデバイスをガシガシ使用する玄人向けのUSB-Cハブだということがわかります。

ちなみに100W高速充電できるタイプのUSB-Cハブなので、特にノートPC全般・MacBook向けのハブですね。

スペック

商品名Belkin
Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ
サイズ‎12.6 x 1.6 x 5.3(cm)
重量120g
ポート7-in-1
・USB-C×1(100W 10Gbps)
※1つUSB-C PD/USB4対応
・USB-A×2(10Gbps)
・HDMI×1(4K60Hz)
※Macは4K60Hz
・有線LAN×1(2.5ギガビット)
・3.5mmオーディオジャック×1
互換性のあるデバイスiPad/iPad Pro/iPad mini/MacBook/M1M2 MacBook Pro/M1M2 MacBook Air/Windows/Surface/Chromebook 対応

従来型と比較してわかる違い

新型
(本ハブ)
従来型
サイズ‎12.6 x 1.6 x 5.3(cm)11.6×1.3×4.6(cm)
重量120g76.6g
ポート7-in-1
・USB-C×1(100W 10Gbps)
・USB-A×2(10Gbps)
・HDMI×1(4K60Hz)
※Macは4K60Hz
・有線LAN×1(2.5ギガビット)
・SDカード
・MicroSDカード
7-in-1
・USB-C×1(100W)
・USB-A×2(480Mbps)
・HDMI×1(4K30Hz)
※Macは4K60Hz
・3.5mmオーディオジャック×1
・SDカード
・MicroSDカード
赤文字が異なる点

従来型に搭載されていたオーディオジャックは、新型では廃止され代わりに有線LANをを備えています。これからわかることはMacBook使用している人向けにクリエイティブな方向けの仕様へと変更されたということ。

従来型はこちら

Belkin
¥6,500 (2024/06/19 14:07時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ レビュー

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの新型(第2世代)をレビューしていきます。

パッケージ付属品

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのパッケージ
Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのケーブル収納した状態

Belkinカラーの紙ベースパッケージで、中はハブが固定された状態で届きました。

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ付属品

ケーブルは本体一体型です。付属品は次のとおり。

付属品
  • Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ本体×1
  • 取り扱い説明書など

外観デザイン

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの俯瞰
ベルキンロゴ側
Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの背面

ひと目みるとわかるこの美しさ。やっぱりAppleに認められApple公式サイトで取り扱いがあるブランドのBelkin製だぁ…ってなります。

底面は各認証マークが入ってます。入力20V=5Aで100Wパススルーできるスペックの記載もあり。

悪くないデザイン
おしゃれな金属デザイン

過去モデルはアルミ合金とポリカーボネートだったのですが、新型の本ハブは長い方の側面はすべてアルミ素材です。接合部分がなく削り出しのような洗練されたデザインは完全にイケメンのそれ。

側面

イーサネット側
ケーブルの根元側
ポート側の側面
逆側の側面

ケーブル側と有線LAN側はポリカーボネートタイプ素材でカラーがブラック。均整が整っているのでスタイリッシュなビジュアルに仕上がっています。

各ポート(できること)

各ポート

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブは、7つのポートで「データ転送、音楽・映像・画像等のメディア用」に特化していて、幅広い作業に対応しているハブです。

ポートは下記で7-in-1です

・USB-C×1(100W 10Gbps)
・USB-A×2(10Gbps)
・HDMI×1(4K60Hz)
※Macは4K60Hz
・有線LAN×1(2.5ギガビット)
・SDカード
・MicroSDカード

順に見ていきます。

USB-C

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのUSB-C

USB-Cでできること

  • ホストデバイスに100W給電
  • 10Gbpsデータ転送

パススルー100W給電できるので、MacBookならProの14,15,16インチモデルを急速充電できる出力を誇るので、ノートPC全般このハブがあれば急速充電可。

データ転送の10Gbpsがどれくらい早いのか例えると、普通にきれいな画質のjpeg写真データなら、1秒間で平均1,000枚の写真データを送れるくらいです。

USB-A

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのUSB-A

USB-Aでできること

  • 10Gbpsデータ転送
  • マウスやキーボードの接続
  • 小型デバイスの充電

USB-Aは、従来モデルよりかなり使いやすくなっています。なぜなら、10Gbpsデータ転送に対応したため。

これにより、同ハブのUSB-C同等の速度で1秒間で1平均1,000枚のデータを転送可能になる速度が実現しました。

デスク上で同ハブを使うなら、マウス・キーボード、TourBox Eliteのような左手デバイスといったサポートデバイスを認識できるので一緒に使う人は便利になってます。

ポモドーロタイマー 充電

AirPods Proやデスクで使う人も多いポモドーロタイマーの小型デバイス(5W程度)なら充電も可能。

HDMI

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのUSB-A

HDMIでできること

  • 最大4K60Hzで外部モニター出力

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブは、USB-Cが映像音声出力対応していません。よって、ハブを介して外部モニターへ出力刷る場合はこのHDMI(2.0)へ専用ケーブルを指す必要があります。

従来モデルは4K30Hz対応だったので、リフレッシュレートが30Hz向上した本ハブのほうがより映像をなめらかに楽しむことができます。

こびぃ

通常のブラウジングもリフレッシュレートが高いほどヌルヌル動くから目が疲れにくいよ!

有線LAN(イーサネット)

2.5Gイーサネット

有線LANでできること

  • 2.5Gbpsで超高速インターネット通信

イーサネットも進化したので、2.5Gbpsとより爆速でインターネット接続できるようになりました。

テレワークが増えて、自宅のWi-Fi環境が安定していない人から、今はこのイーサネット搭載ハブが人気がでているので現ネット環境を改善したい人はかなり恩恵を受けます。

SD/MicroSD

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのSDとMicroSD

SD/MicroSDでできること

  • 104MB/sでデータ転送

SD/MicroSD関連は残念ポイントなのですが、SD 3.0/ UHS-I対応です。どういうことかというと、最大104MB/sということ。

ゆえに、写真家や動画クリエイターなどはちょっと厳しいですが、普通の人が普通に使う分には困ることはありません。

とはいえ、あとでデメリットにも書きますが7-in-1といったマルチメディアハブのSDはほとんどが UHS-I対応なので、現状では多機能ハブタイプの妥協点とも言えます。

1時間使用後の温度37.9℃

1時間使用後の温度温度

1時間使用後の温度は実測37.9℃で、1ポート〜フルポート使用して何度か計測しましたが、だいたい40℃前後です。

ハブはアルミ筐体なので、内部40℃の熱は手に持つとほぼ近い温度で手に伝わるので、ほんのり温かいくらい。異常発熱等はないので安全に使えます。

サイズ重量

ハブのサイズ
Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの重量150g

サイズ全長は‎12.6 x 1.6 x 5.3(cm)で、ケーブル型USB-Cハブとしては特別コンパクトなサイズというわけではなく普通のサイズです。

ですが、厚みが有線LANポート(イーサネット)搭載型なのに薄型で仕上げてきているのはさすがBelkinさんといったところ。

こびぃ

有線LAN搭載型のハブってどうしても厚みがでるタイプが多いんだよね!だからよく持ち運ぶ人はこの薄さはメリットだと言えるね!

サイズ重量
  • サイズ:‎12.6 x 1.6 x 5.3(cm)
  • 重量:120g(実測150g)

※公称120gのところ、なぜかボクのハブは150gでした。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのメリット

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのメリットは5つです。

メリット
  • 必要な物がほぼすべて揃った7-in-1の多機能USB-Cハブ
  • 多ポートタイプかつ有線LANポート搭載型なのに厚みがない
  • 角の処理が丁寧で美しいデザイン
  • ケーブルが長いでスタンドと相性が良い
  • 爆速データ転送可能

必要な物がほぼすべて揃った7-in-1の多機能USB-Cハブ

必要な物がほぼすべて揃った7-in-1の多機能USB-Cハブ

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの一番のメリットは「マルチで使用できる7-in-1タイプ」なところ。

USB-Cハブって、ググっても市場に多く出回りすぎていて、初心者が調べるとどれがいいかわからない…と悩む人が多いです。で、なんとなく買ったら実は全然自分に合ってなかった。という勿体ないミスが発生するんですよね。

そんな人は、Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブを買えばまず困ることが起きないので、そういう意味でも多目的ハブとして本ハブは活躍します。

多ポートタイプかつ有線LANポート搭載型なのに厚みがない

さっきも書きましたが、全長自体は決して短くないのでサイズがコンパクトなわけではありませんが、厚みが薄い!

厚み約1cmは強烈です。これは他社製ハブと比較するとよくわかります。

細いから収納が簡単

この薄さは、ガジェットポーチ内でもかさばりにくくなるので、持ち運びようにもピッタリです。

角の処理が丁寧で美しいデザイン

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブの美しいデザイン

まるでMacBook

このBelkinハブは角の処理が丁寧で見惚れるほど美しい。この処理があるからこそ、なめらかな質感とシャープデザインを実現できています。

もちろん角処理のおかげで、バリなども一切なし。細かい仕事をしっかり仕上げてくるところにBelkinならではのこだわりや製品への想いを感じます。

VGPアワード 2023を受賞しているだけあります。

ケーブルが長いでスタンドと相性が良い

ケーブルの長さ
MacBookをクラムシェルでも使える

Satechi デュアルバーティカル アルミニウムスタンドのようなクラムシェルスタンドとの相性も抜群

ケーブル型ハブの宿命ともいえるのですが、ケーブルを短くするとどうしてもデバイスをスタンドにおいた時に無理な体勢になるんですよね。

一般的なケーブル型ハブのケーブルの長さは15cm前後が多いのですが、Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブはなんと25cmもあるので、スタンド使用時も安全に使えます。

ケーブルの長さは持ち運び安さ⇔スタンドでの使いやすさのトレードオフ

ベルキンのハブは大丈夫

ケーブルが長いいハブ
(Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ )

違うハブだとMacBookのスタンドで長さがきつい

ケーブルが短いハブ
Satechi スリム V2 マルチ USB-Cハブ 6in1

持ち運び安さや小回りを重視するとケーブルが短くなる。そうなるとスタンドにデバイスをおいた時にハブが無理な状態で接続されます。

逆にケーブルが長いと、スタンドに載せた状態でハブを使用しても、安定して使用できる反面持ち運び時にかさばったりデスク上で散らかりやすくなります。

どっちが好みかは人それぞれなので、それぞれのメリット・デメリットを把握してBelkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブを買うか判断すれば良いです。

爆速データ転送可能

従来型から大きく進化していて。USB-Aポートは480MbpsからUSB3.2規格の10Gbpsまでの高速データ転送に進化しています。

USB-Cポートも同様に10Gbpsで爆速データ転送でき、HDMIは4K60Hz対応なので、画像処理や動画編集などを行う人はより多くのメリットを享受できます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのデメリット

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのデメリットは2つです。

デメリット
  • SDスロットがUHS-Ⅱ非対応
  • USB-Cポートは映像出力非対応

SDスロットがUHS-Ⅱ非対応

SD3.0

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブは、さっきも書きましたがSD3.0対応でSD4.0=UHS-Ⅱではありません。

ライトユーザーからするとデメリットにはならないのですが、SD・MicroSDカードを頻繁に抜き差しして、大容量データ通信をする人からするとUHS-Ⅱ非対応はデメリットですよね。

ちなみに7-in-1や8-in-1といったマルチハブで、UHS-Ⅱ対応ハブってほぼありません。

よって、UHS-Ⅱ非対応は本ハブに限ったことではないので、多ポートUSB-Cハブの妥協点と言えます。

USB-Cポートは映像出力非対応

よくあるUSB-Cで映像出力はできない

MacBookのThunderbolt 4のような使い方はできない

USB-Cポートは100Wで給電できるハイスペックなのですが、映像・音声出力には非対応です。

よって、Thunderboltのような使い方はできないため、外部モニターなどに出力する際は、「ハブ側のHDMIポートを使用する」もしくは「ホストデバイスのDisplayPortやHDMIポートを使用する」必要があります。

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブがおすすめの人

7-in-1タイプで高速充電と高速データ通信が可能なBelkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブはどんな人におすすめか以下のとおり。

おすすめの人
  • 7-in-1タイプのなんでもできる多機能マルチハブが欲しい
  • ハブを通して100Wクラスでデバイスを高速充電したい
  • 薄型ハブで持ち運び時にかさばりたくない
  • データ通信は最大10Gbpsで問題なし
  • 4K60Hzで映像出力したい

これ一本あれば基本的になんでもできるので、本当に多くの方におすすめできるハブです。

特におすすめしたいのは、高出力が必要なノートPCを持っている人や(MacBookならPro 13インチ以上)動画を楽しむ or 動画編集をするクリエイティブな人などは美しい外部ディスプレイで作業もしやすいですよ。

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ レビュー【まとめ】

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブのレビューでした。

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 必要な物がほぼすべて揃った7-in-1の多機能USB-Cハブ
  • 多ポートタイプかつ有線LANポート搭載型なのに厚みがない
  • 角の処理が丁寧で美しいデザイン
  • ケーブルが長いでスタンドと相性が良い
  • 爆速データ転送可能
デメリット
  • SDスロットがUHS-Ⅱ非対応
  • USB-Cポートは映像出力非対応

※評価日は2023年4月時点です

  • USB-A・C搭載でデータ通信可
  • 100W充電
  • 有線LAN接続
  • SD/MicroSDポート搭載

全部入り7-in-1の多機能ハブはクリエイター層からライト層まで幅広い方におすすめできるハブでした。

従来型から大きく進化しているので、乗り換えもありですし、これからハブを初めて買うなら良いものを少しでも長く使えるように第2世代タイプのConnect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブをおすすめします。

気になる人は一度商品をチェックしてくださいね!ではまた!

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
お得情報

※当記事内で紹介しているリンクは一部Amazonアソシエイトリンクがあります

Belkin Connect USB-C 7-in-1 マルチメディアハブ レビュー|第2世代(INC009)になりパワーアップした人気USB-Cハブ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こびぃのアバター こびぃ ガジェットゆるミニマリストブロガー

Apple製品【MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch】やガジェット関連を買って試して最高なアイテムを見つけることが趣味のゆるミニマリストブロガー

目次